中古レコード屋めぐり

ここでは、「中古レコード屋めぐり」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 自分も一時期、レコードマップを片手によく東京中の中古レコード屋を探索したものでした。

 あれって、目的の品を見つけ出すと言う行為だけじゃなく、こんなきっかけでもなければ訪れないであろうその街、その街の色んな雰囲気を味わえる事が出来るし、レコード屋そのものの部屋の中の雰囲気も色々個性があって、それを味わうだけでも楽しいものでした。

 レコード好きなら分かると思いますが、あのレコード屋のドアを開けた瞬間のワクワク感が、なんともたまらないものがあります。

 1つのレコード屋に、平気で1時間位居れましたしね。中にはジャンル分けがほとんどされていなくて探すのがウンザリした店もありましたけど…

 レコードコレクターがレコード屋を巡る漫画「レコスケ」なんか読むと、その頃を思い出し「ある!ある!」なんてつい同意してしまったりもします。

 自分がよく足を運んでいたのは西新宿、神保町、吉祥寺、中野、高田馬場ですね。あそこは中古レコード屋が密集していたから、1箇所で何件もレコード屋をみる事が出来たんですよね。
さっきあそこのレコード屋に居た客だ…なんて事、この辺だとしょっちゅうでしたから。向こうもそう思ってんだろうなぁなんてその時思っていましたけど。

 後よく行ったのは明大前の「モダーンミュージック」でしたね。
あの狭い部屋の中にこれでもか!って位にレコードが密集していて、探すのが楽しかったです。

 最近じゃ、中古屋じゃないですけれど、下北沢の「onsa」や「アクアミカンス」等、カフェが隣接していたりして、オシャレなレコード屋も増えましたね。
これも中古屋じゃないですけれど、渋谷のキャットストリートにあった「ラフ・トレード」がいつのまにか閉店してしまったのが残念です。部屋の空間がオシャレで好きだったのに…

 今はすっかりレコードもあまり買わなくなり、タワレコとかの大型店でCDを買う事がほとんどになりました。
それとディスクユニオンくらいですかねぇ。行くとしたら。ここはチェーン店なのに、店舗ごとに個性があって好きです。探し易いし。
ネットで欲しいレコードが見つけられる様になったのも行かなくなった理由の1つですね。
でもまた、あの雰囲気だけでも味わうために、その内またレコード屋巡りをしてみたいですね。

 追記:
 さっき調べたんですけど、onsaのカフェ部分がしばらく行かない間に閉店してたんですね。
ネットでレコードを探せる様になった昨今、レコード屋に足を運んでもらうための利用価値として、カフェを隣接するといった様なオプションがこれから多くなっていくのかなぁと思っていたのに…
オムタコライス好きだったのに(このメニューは途中ですでになくなっていましたけど)…残念
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://loosecube.blog94.fc2.com/tb.php/9-eab1d5d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。