自分のモノにしているかそうでないかの違い

ここでは、「自分のモノにしているかそうでないかの違い」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
mytwttricn.jpg名曲の誕生秘話を紐解くBS-TBSで放送の「SONG TO SOUL」のロッド・スチュワートの「アイム・セクシー」の回をこの前見た。商業的だと不評も買い、自分も別に好きな曲ではないけれど、当時流行ったディ スコソングを見事ロッドのモノにしてみせたという意味では流石だなと思った。
2013年3月14日




mytwttricn.jpg何かの影響を受けた音楽に、ただ借りてきた感がするものと自分のモノにしているものとの違いは何なのかといえば、例えばテクノ系の音楽が好きで自分も演ってみたいと思った時に、シンセのツマミをひねったら同じ音が出てそこで満足してしまうか、自分だったらこの音をこう(自分に)活かすと思うかの違いなのかと。
2013年3月14日





mytwttricn.jpg一時流行ったエレクトロニカなんかも、プラグインのエフェクトをちょっといじれば効果的な音が出ることで満足してしまったかの様な、ほとんどが同じ様な音に聞こえた。(アーティストの音というよりエフェクターの音、ただエフェクターをデモンストレーションしているかの様な。)そこで個性を感じ、興味を惹き、印象に残るのは、一歩踏み込んで操っているかどうか。
2013年3月14日





mytwttricn.jpg「アイム・セクシー」だったら、モーガン・フィッシャーがカヴァーしたレジデンツ風のこのヴァージョンの方が好きwいわゆるパロディなんだけれど。
2013年3月14日


HYBRID KIDS - d'ya think i'm sexy 1979






パロディも「自分だったらこの楽曲をこう(面白く)する」が入っていないと、ただ借りてきているだけでになってしまいますよね。
パロディは元ネタを知らないとパロディとして楽しめなかったりしますが、モーガンフィッシャーのこの曲収録のアルバムは、知らなくても結構楽しめます。それこそ「自分のモノにしてる」のではないかと。

>>モーガン・フィッシャー/ハイブリッド・キッズVol.1




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://loosecube.blog94.fc2.com/tb.php/518-781d34e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。