リスナーにとっては常に新作が最高傑作とは限らない

ここでは、「リスナーにとっては常に新作が最高傑作とは限らない」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
菊地成孔の非公式botで、「前のが良かった面白かった」と信じ込んでいるファンがいるという記事を読んで…


mytwttricn.jpgいまRTしたことだけれど、そりゃあもしアーティストが自身の作品で前の方 が良かったなんて言ったら、「今の私はアーティストとして無能です」って言ってる様なもんだからね。チャップリンの「next one」発言の様に、アーティストは常に新作が最高傑作と思わないと。
2013年1月23日




mytwttricn.jpgでも聴く側にとっては、そんなの関係ないんですけれどね。1アーティストの 時間軸だけを追って音楽を聴いているわけではないんだし。もしそうだったとしても、アーティストは他人で自分じゃないんだから。
2013年1月23日



例えば、あるアーティストが誰か特定の愛する人を想って曲を書いたとします。しかし、時が経ってその愛する人と破局になったとします。そうなったら、そのアーティストはその曲を封印するでしょう。そうしないと先に進めないから。じゃあだからって、その曲から感動をもらったリスナーも同じくその曲を封印するかといったらそれは違うと思いますし。だって、曲を書いたアーティストとは別にリスナーそれぞれの想いがその曲に宿っていると思うから。

もし最新作がアーティストの最高傑作だと聴く側まで皆が思っているんだとしたら、世の中のディスクガイド本は全部アーティストの最新作しか載っていないことになるはずですし

ただ、リスナーにはリスナーの想いがあるからって、アーティストにそういう曲を要求するのは不可能だとは思いますけれど。




【ブログ内関連記事】

>>作り手側の言葉が全てというわけではない





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://loosecube.blog94.fc2.com/tb.php/502-6dba58d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。