loosecubeのつぶやきまとめ (6)

ここでは、「loosecubeのつぶやきまとめ (6)」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回のまとめは、まず「ザッパ」なる名前の印象の強さについてのつぶやきから。

mytwttricn.jpgある音楽を形容するために「ザッパ」なるキーワードを安易に 用いるのは危険だ。「あぁ、ああいう音楽ね」とそっちにイメージが回収されてしまうくらい影響力の大きい名前だから。なので自分は、ウンベルティポやマッ ツ&モルガンの音楽を説明するのにその名前は出来るだけ使わない様にしている。
2011年6月2日



mytwttricn.jpgザッパ好き以外の音楽好きには響かない可能性もあるから。なのにもかかわらず、プロのライターが何かの音楽を解説するためにあえて「ザッパ」を用いたとしたら、その名前を引っ張り出すだけの何か意味があるんだと解釈している。
2011年6月2日



続いて、ウンベルティポのライブ盤を手に入れた時のつぶやき。

mytwttricn.jpgunbeltipo(ウンベルティポ)の新しいライブ盤が届いた(未聴)!
2011年8月27日




110827bcklgsbrljckt.jpeg


システマのホームページには今現在このライブアルバムの情報は何も記されていませんが、そのシステマで通販が可能なはずです。希望商品名に「LIVE 09~10 Backlogs Burial」と記入すればOKだと思います。価格は「LIVE2006」や「LIVE2007」と同じでした。(2011年9月27日現在)


続いては、子供の頃ジャケ買い…というか、レコジャケの文字に釣られて買ってしまったつぶやき。


mytwttricn.jpg高校生の時に「エックス・ワイエムオー・エックス」の綴りに興味を惹かれて買ったレコード
2011年8月26日


110826xymoxrecojacket.jpeg


mytwttricn.jpgヴィジュアルがゴス系なのは最近知った。しかも現在も活動中なのに驚き。さっきの写真の収録曲↓
2011年8月26日




mytwttricn.jpg高校生の頃はそんなバンバンレコードが買える身分ではなかったので、ジャケ買いには勇気がいった。さっきの写真のレコードは、つくばから東京へ行った時に確か渋谷のシスコで買ったもの。
2011年8月26日


mytwttricn.jpg高校生の頃のジャケ買いと言えば、これも。この頃世間では「テクノ」は一度死語になりかけていて、テクノに飢えていた(笑)そんな中、六本木WAVEにこのレコードが飾ってあって、この「TECHNO」の文字はインパクトがあった。
2011年8月26日


110826technojacket.jpeg


mytwttricn.jpgで、当時やはり高校生だったからそんな何枚もレコードが買えなかったので、これとデペッシュ・モードの「ビハインド・ザ・ホイール」の12インチのどっちを買うか悩んで、結局こっちにした。さっきの写真のレコードの収録曲↓
2011年8月26日





110927crsndcsytchnprmtv.jpg
レコジャケの「TECHNO」の文字に釣られて当時買ってしまったレコードといえば、クリス&コージーの「Techno Primitiv」もそうでしたね。


mytwttricn.jpg「ビハインド・ザ・ホイール」というと、高校生の時NHK ホールに観に行ったデペッシュ・モードのライブの一発目がこの曲で感動した思い出が。あと同じライブで「マスター・アンド・サーヴァント」でメンバーが後 ろを振り向いてミラー型のドラムパッドを叩く姿がカッコよかったのが記憶に残ってる。
2011年8月26日


というわけで、デペッシュ・モードの「ビハインド・ザ・ホイール」を↓




最後に、「はいからさんが通る」についてのつぶやき。

mytwttricn.jpg子供の頃そば屋のテレビで「バビル2世」を見た記憶がある…ってこの前ブログに書き込みをしてたら、なんだか無性にOPを聴きたくなったのでYouTubeで探してみた。そしたら他にも懐かしアニメのOPが沢山あってそっちまでつい見てしまった。
2011年5月10日


YouTubeって、横にサムネイルでリンクがいくつもありますよね。あれついクリックしたくなっちゃう。

mytwttricn.jpgじゃあこれは?これは?って色々検索しながらその懐かしアニメのOPを聴いていたら「はいからさんが通る」の歌がなんだかツボにハマってしまいヘヴィロテ。
2011年5月10日




mytwttricn.jpg当時このアニメは見てなかったけれど、OPだけはなんだか印 象に残っていた。特にあのクラヴィネットの音が当時子供心に新鮮に聞こえた。楽器名はだいぶ後になってから知ったけれど。「ハイカラ」という言葉もこれで 知ったし、そんな時代背景を象徴する音として印象が重なった。勿論誤解だけれど。
2011年5月10日


mytwttricn.jpgで、この曲を改めてちゃんと聴いたわけだけれど、ノリがファンクだよね。サビの所の「Hi,Hi,Hi,~」の後を追う様に絡んでくる裏でハネるピアノがまた気持ちいい。
2011年5月10日




mytwttricn.jpgで、OP聴いていたら、今度は無性に「はいからさんが通る」の本編に興味が湧いて見たくなったんだけれど、これってDVD化されてないんだね。どこかで再放送してくれないだろうか。
2011年5月10日


mytwttricn.jpgというわけで、アニメで見れないから、原作の漫画の方を買ってきた。読むぞー!
2011年5月10日


IMG_0169.jpg



mytwttricn.jpgこうやってみると、YouTubeって購買意欲そそらせる様に上手く機能してんなぁ。
2011年5月10日




というわけで読んだのですが、主人公ってしょっちゅう自転車に乗ってるもんだとイメージしてたんだけれど、それは最初の登場シーンだけなんですね。

いわゆる少女マンガの恋愛モノではあるんだけれど、ギャグがふんだんに盛り込まれているので男の自分でも楽しめました。女性だからって変に飾らない主人公がまたいいですね。アニメでもぜひ観てみたいです。

ただ、全部の少女マンガがそうではないんでしょうけれど、女性漫画家さんが描くからなのか美男子キャラが現実離れしていて違和感が。男から見ても惚れる男っていう感じではないし。その違和感に作品の世界から覚めて(冷めて)しまいます。まあ、そんなこといったら、男性漫画家の描く女性キャラだって(特に最近の萌え系なんか)3次元じゃありえないだろうって違和感だからそこは素直に違和感を愉しむのがマンガなのかもしれませんけれど。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://loosecube.blog94.fc2.com/tb.php/472-5b0c5071
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。