TV's TV

ここでは、「TV's TV」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この前家にあるDATのテープを整理していたら、エキスポの、オムニバスCDなどに散在する曲を編集したテープをみつけたのでつい聞き入っていたんですけれど、その中にテレビ番組から録音した曲も入れてあって、聴いているうちに無性に映像の方も観たくなり、ためしにウェブで検索してみたら…ありました!

その番組は「TV's TV」と言って、87年のとある深夜にひそかに放送され、100個のテレビの中から1つずつ映像を断片的に次々とただひたすら4時間流し続けるという変わった内容でした。当時偶然チャンネルを合わせた自分は、その面白さに思わず空いてるビデオテープを探して急いで録画ボタンに手をやるほどでした。
その100のテレビには、当時まだ珍しかったCGや海外アジアのテレビ番組、ビデオゲーム、ビデオアート、環境映像、ミュージックビデオ、今でいうgoogle earth的な映像だったりとか(Power of Ten)、元祖モーフィング的な映像とか(ゴドレー&クレームの「クライ」)、アルゴリズム体操の元ネタみたいなものもあったり(ノーマン・マクラレンの「カノン」)、フラクタルの映像など様々なものが映し出されていました。
映像だけではなく、音楽にも耳を奪われ、幾度と表示される「MUSIC by EXPO」の文字にも興味をそそられ、それが後にあの「エキスポ」だったことを雑誌「Techii」で知りました。

その「TV's TV」がニコニコ動画にアップされていることを今更知ったわけです。
当時録画したビデオは引っ越しを繰り返す中なくしてしまっていたので、こうしてまた観れるのはとても嬉しいです。
また、当時この放送を自分は途中から観たので、最初から観れるのも感激です。エキスポの「赤ちゃんコンクール」がオープニングの方で使われていたんですね。

全部で4時間程ありますが、今でも観だすと止まらなくなりつい最後まで見入ってしまいます。

エンディングのクレジットを今見ると岩井俊雄なんかも名を連ねていたことに気づいて、そうかなるほど、「ウゴウゴルーガ」のテレビくんだ!と納得。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://loosecube.blog94.fc2.com/tb.php/430-2e7cce4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。