ルパート・ハイン

ここでは、「ルパート・ハイン」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「日本では認知度が低いけれど、日本人ならこのテの音楽好きな人多いハズ」シリーズの第4弾です。今回は「ルパート・ハイン(Rupert Hine)」を紹介します。
と言っても、今まで紹介した中では1番日本でも認知度の高い方ですね。ただそれはどちらかと言うと、ティナ・ターナー、ハワード・ジョーンズ、フィックス、ラッシュ、スザンヌ・ヴェガ等の、プロデューサーとして知られている方が多いんですが。彼はキーボーディスト兼ヴォーカリストとしてソロ作品をいくつも出しているのです。
でも友達にオススメとしてNEW MUSIKの「WARP」を聴かせた時は皆口を揃えて「凄くいい」と言ってくれるのですが、ルパート・ハインのソロを聴かせると皆首を傾げるんですよ。
確かに歌声にクセがあって好き嫌いが分かれだろうし、自分も最初に聴いた時は「ただの暗いアルバム」と言う印象しか持っていなかったんですね。しかし何度も聴き込んでいくうちにこの人の作品の素晴らしさがわかっていったんです。

特にオススメなのが、1981年にリリースされた「イミュニティ(IMMUNITY)」なのですが、とにかくこの人の創りだす音の空気感が独特なんですよ。重たいのに乾いてる、狭いのに奥行きがある、息苦しいのに深い…この一見すると矛盾する言葉の羅列なんですが、まさにその言葉の様で、音のパーツ1つ1つの組合わせが緻密なまでに考え込まれ不思議な空気感を漂わせているんです。この辺の空気感は、ザ・ビートニクス(高橋幸宏+鈴木慶一)の「ダイヤモンドの箱舟」という曲にも似た様な雰囲気を感じますが、多分ビートニクスの方が影響を受けたのでしょう。

また「神経性退屈症」という曲で聴く事の出来る日常生活音、蛇口をひねる音とかコップに水を入れる音等の曲への盛り込ませ方の妙さは、ホルガー・ヒラーのソロ作品に通ずるものを感じます。

81年と言ったら時代はニューウェイヴ真っ盛りでこのアルバムもシンセの使い方とか多少その辺の影響を受けているのですが、決してそのままモロではなく一旦本人の中で消化して本人の解釈としてのニューウェイヴが打ち出されています。

先程彼の創りだす空気感の事を“狭い”と形容もしましたが…人は独りでいる時にいろいろ頭の中で考えを巡らしたりしますよね。そういった状況を起こす空間は大抵“狭い”事が多かったりすると思いませんか。狭さって人そのものの内面を見つめるきっかけを作ると思うんですよ。そう、そういう意味でこれはとても内面的なアルバムとも言えるんです。更に言うとそういう意味では、閉所恐怖症の方にはこのアルバムはオススメ出来ないかも(笑)

この神経質なまでのこだわった音の作り方やアルバム全体的に漂う緊張感などから、個人的にナイン・インチ・ネイルズをも思い起こさせてしまう事もあります。但し、ナイン・インチ・ネイルズの様なラウドや激しさは全然ありませんが。逆にナイン・インチ・ネイルズがもしこのアルバムを聴いた事がなければ是非聴いてもらいたいものです。共感する部分がきっとあるはずだと思うので。

ruperthine.jpgそんな素晴らしい音世界を創り上げるルパートのソロなのですが、彼名義のアルバムは1回も売れた試しがありません。そういう意味では彼のアルバムこそが“隠れた名盤”と言えましょう。

ルパート・ハインは他にも「クワンタム・ジャンプ」や「シンクマン」なるバンドを演っていましたが、その辺は特にオススメしません。彼のソロの、特に80年代以降にリリースされた3枚(「イミュニティ」を含む)をオススメします。

今回も懲りずに似顔絵書いてみましたが、今回も懲りずに似てません。
個人的にはルパート・ハインの事を「音楽界の山田康雄」と呼んでいます(笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんわ。
今回も記事の内容にあまりつながってないカキコなの
ですが、ルパートハイン。
とりあえずカフェジャックスのレコードを見つけることが
できました。
ちょっとひねたポップセンスは、僕の知っているバンド
ではスーパートランプに似ている気がします。
曲もそうですが、録音や楽器の質感が好きな感じです。
本当の目的たるルパートハインのソロも探して
いるのですが、出会うのが楽しみになってきました。

2006/02/12 00:38
2007/03/27(火) 00:00 | URL | 門月 #-[ 編集]
門月さんこんにちは

某ショッピングサイトで10ccやスティーリー・ダン、プログレの様だとコメントされているのを読みましたが、スーパートランプは自分は名前しか知らないのでちょっとイメージが湧きませんでした。ただ「 ちょっとひねたポップセンス」「録音や楽器の質感が好きな感じです」という門月さんのコメントは凄く気になります。自分も購入してみようと思います。

> 本当の目的たるルパートハインのソロも探しているのですが、出会うのが楽しみになってきました。

もしレコード盤でお探しでしたら、お近くにお住まいかどうかは分かりませんが、西新宿の「VINYL」Part3のオールド・ウェイヴコーナーにルパート・ハインのコーナーがありますのですぐ見付けられますよ。

http://nishi-shinjuku.callmyname.jp/nishi-shinjuku_map.html

2006/02/13 08:02
2007/03/27(火) 00:02 | URL | loosecube #-[ 編集]
こんばんわ。
わおわお。お返事ありがとうございます。
そうですね。確かに10CCやスーパートランプのような、
もしくはアランパーソンズのようなポップでありつつ音の
肌合いがくせのある(スティーリーダンよりは覚めてない)感じで、
70~80年代の境目の音で自分には馴染み深く、愛らしい
音でした。
VINYL...?
えーと、聞いたことがある店名です。西新宿は主戦場なの
ですが、是非行って、今度こそルパートハインその人の
作品を手に入れようと思います。
今週末は近所の国立の中古レコード屋でCDを売りつつ
The Fixxのレコードをげっとしました。
「Are We Ourselves」懐かしい!
プロデューサーとしては、けっこう馴染みがあるのですね。
スーパートランプ、大好きなので耳に好いと良いのですが。

2006/02/13 22:30
2007/03/27(火) 00:02 | URL | 門月 #-[ 編集]
門月さん こんにちは

> VINYL...?
えーと、聞いたことがある店名です。西新宿は主戦場なのですが、是非行って、今度こそルパートハインその人の作品を手に入れようと思います。

自分はまだカフェ・ジャックスを聴いた事がありませんので、ルパート・ハインを門月さんにオススメ出来るかどうかは判りません。って言うのは、彼の歌声って凄くクセがあって好き嫌いが分かれると思うんですね。なのでカフェ・ジャックスと同じものを期待するともしかしたらガッカリするのかも…

VINYLはご存知ありませんでしたか。あそこで自分は一時期いろんな音楽にめぐり逢えました。Part3なんかは70年代のUKが好きな門月さんにはおいしい空間だと思いますけれどね。ただ最近行っていないので確認していませんが、頻繁に(西新宿内で)移転するので、もし行かれる様な事があれば、事前にお調べください。

> The Fixxのレコードをげっとしました。
「Are We Ourselves」懐かしい!
プロデューサーとしては、けっこう馴染みがあるのですね。

前から気になっていたアーティストの作品を購入してみると、実は耳馴染みな曲だったり、好きなアーティストが関わっていたりって言う事もあったりしますよね。
自分もよくそう言う事はあるのですが、何がそうだったのかは今はちょっと思い出せません。

> スーパートランプ、大好きなので耳に好いと良いのですが。

自分はスーパートランプには興味はありませんが(すいません)、カフェ・ジャックスを購入してみて良かったら、似ているという事ですので聴いてみるかも知れません。

2006/02/14 14:30
2007/03/27(火) 00:03 | URL | loosecube #-[ 編集]
続けてお邪魔します。
SUPERTRAMPの話では先走ってしまいまして失礼しました。
僕が西新宿に通っていたのは約10年前まででしたので、久々にレコードを
買うために西新宿をうろつきました。
Vinylはお店の入口を見たことはあったと思うのですが入ったことがなかった
です。
いや品揃え豊富でうれしいですね。
(バーバラトンプスン(コロシアム関連)なんて仕切りがあるお店初めてです)
お勧め盤については今後挑戦する積りですが、「Pick up A Bone」も面白かったです。
何せ関係者がPURPLE人脈!(どういう繋がり?)
Rupert Hineを教えていただいたHPのご主人は「THE WILDEST WISH TO FLY」
がお奨めということでした。
ルスキューさんのお勧めともどもいつか聞こうと思います。

2006/03/16 00:36
2007/03/27(火) 00:04 | URL | 門月 #-[ 編集]
門月さんこんにちは

> SUPERTRAMPの話では先走ってしまいまして失礼しました。

自分もかたちんばさんのブログで似た様な事をしましたので、気持ちは凄く分かります。だから全然気にしないでください。そもそも自分の方が「ひねくれポップセンスという事なので聴いてみようと思います」とコメントした事が、SUPERTRAMPと誤解を受ける様な書き方になっていたのがいけませんでした。こちらの方こそ、大変失礼しました。

VINYLに行かれたという事で、気に入っていただきなによりです。多少値が張る店ではありますが…

> Rupert Hineを教えていただいたHPのご主人は「THE WILDEST WISH TO FLY」
がお奨めということでした。

自分も「THE WILDEST WISH TO FLY」は大好きなアルバムです。
比較的聴き易いアルバムですね。
タイトルナンバーは、冒頭が恐怖心を抱かせる様な音で始まるのですが、徐々に切なさを感じさせてくれます。
次に続く、希望と寂しさが入り交じった様な曲調(歌詞の内容はちゃんと理解していませんが)の「BLUE FLAME」への流れが好きです。

このアーティストは音作りもそうですけれど、ソングライティングのセンスがとてもいいのだと思います。あとはこの人の場合、歌声の好き嫌いですね。

2006/03/17 11:32
2007/03/27(火) 00:05 | URL | loosecube #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://loosecube.blog94.fc2.com/tb.php/42-dee680ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。