D-DAY ライブ @ 代官山 晴れたら空に豆まいて(2008.11.16)

ここでは、「D-DAY ライブ @ 代官山 晴れたら空に豆まいて(2008.11.16)」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
petalscd.jpg


この日は川喜多美子の「Seed Cakes~」シリーズの第4弾CD-R「Seed Cakes Petals」の発売記念ライブということで、そこからが中心の選曲に加え、これまでにリリースされた「Seed Cakes~」シリーズからの曲も数曲演奏されました。その中でも個人的には3月のライブでは演らなかった「Sweet Sultan」が聴けただけでも行った甲斐がありました。サポートメンバーの横川さんが、いつものヴァイオリンやエディットを担当するだけでなく、成田さんのエレアコを拝借して弾く場面なんかもあったりしました。アンコールでは、この日対バンだったまりさんがキーボードに加わり、「Forget me not」「Float a Boat」の2曲が演奏されました。

過去のD-DAYの曲がリメイクされる「Seed Cakes~」シリーズ。今作にはこの日彼女がMCで「D-DAYの要の曲」と言ってた「Citron」が収録されていました。好きな曲だしアレンジも素晴らしくてよかったのですが、個人的には、前作から期待していた「Peaches」が今作にも収録されなかったのがちょっと残念。自分は現在のD-DAYからハマったクチだから昔のD-DAYはCDでしか知らないので分からないのですが、もしかして「Peaches」はなかった事になっている曲だったりするのでしょうか…?

他には、4-Dの「My Neighbor Upstairs」の川喜多美子ヴォーカルヴァージョンも収録されていて、これがまた素晴らしく、4-Dのオリジナルヴァージョンでは、エミ・エレオノーラのヴォイスや平沢進のギターなども顔をのぞかせた、小西健司の不気味な声に導かれアタックの効いたビートが駆け抜けるこの曲が、「Extension Kit : 002」に収録されたヴァージョンでは浮遊感漂うスローテンポな曲に様変わりし、不気味だった小西ヴォイスはかすかに電波を受信している程度に見え隠れし、これが下地となって「~Petals」では川喜多美子の甘いヴォーカルが溶け込み、ロマンティックなポップソングとしてまた更に違う表情を見せています。オリジナルヴァージョンからのこの経過を4-Dファンにもぜひ味わってみてもらいたいですね。なにげに夫婦の歌声が絡んでいたりするのもポイントです。

その他の収録曲にはカヴァーが2曲と、クリスマスが近いという事もあってか「僕には特別なクリスマス」なんかも。そしてなんといっても、自分の大好きなあの曲がお楽しみトラックとして入っている!!(一応お楽しみなトラックなので何の曲かはここでは控えておきます)

美子さんがなにかMCする度に拍手がわき起こるその様子が、自分には大統領の演説もしくは、スネークマンショーのギャグネタを思い出してしまい一人で可笑しかったのですが、そんな温かい拍手の絶えないMCの中、美子さんが以前ラジオかテレビで、松任谷由実のパイオニアとしての素晴らしさの一つは、英語の発音がしっかりしている所にあるという話を聴いたそうで、ためしに美子さんがD-DAYの「MEMORY」を英語風に発音してみたら凄い違和感があったって笑い話をしていたのですが、そういわれてみると、日本で定着した外国語を現地語の様に発音してみると凄い違和感があるのって結構ありますよね。「ジーコ」のことを「ズィーコ」っていうのも今更なんか違和感あるし、平沢進の「ロケット」だって、おもいっきり「ローケットー」って歌っているけれど、あれを英語風に「ラケッ」なんて歌ったら、凄い気持ち悪いもんなぁ(笑)。あれですね、外国語でも日本の日常会話で定着している言葉はもはや日本語だから、日本の発音でいいんですよ、きっと。だって例えば「マイケル(マイコー・笑)」だって、国によっては「ミカエル」だったり「ミヒャエル」だったりするわけだから、それと一緒なんじゃないかと(ちょっと違うかな?)。

この日はなんと、D-DAY作品の購入者のために、ライブ終了後に美子さんからサインと握手のサービスがありました。
以前美子さんに握手をしてもらった時、舞い上がって余計な事を言ってしまったので、今回は余計なことを言わない様にしようと気を付けていたら、今度は逆に「何も言えね~」状態になってしまい(汗)、彼女の掛けてくれる言葉にもちゃんと返事出来なくて、これはこれで失礼な事になってしまいました。いい歳してホント自分が情けなくなってしまいます…
とまあ、自分の事ばかり振り返るといやになってしまうのですが、相手の立場を考えてみると、今回サインと握手会を設けたのだって、ファンを大事にしたいという想いが美子さんにきっとあったからだと思うし、こちらが頭が真っ白になっているってことぐらい、美子さんだったら解ってくれていただろうし、ファンなんだったら彼女はそれくらいの心の広い人なんだってくらい思ってあげないと(あげないと…って言うのも偉そうですが)。
それにしても、いくらD-DAYが好きで距離が近いからと言って、普段気安く声なんて掛けられないわけだから、こういう交流の場を設けてくれるのはファンとしてはありがたいですよね。

ぜひ4-Dのオジサン達もサイン会をしてください(笑)


その4-Dですが、この日のMCでも告知していましたが、来年の1月16日に、浅草の「KURAWOOD」でライブの予定だそうです。
ウェブサイトを見ると、前回に引き続き、次回もアーマッド・コンパオレが参加するみたいですので、前回逃した方はチャンスです。
自分はこの日行けるかどうか微妙…
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://loosecube.blog94.fc2.com/tb.php/417-e849625c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。