福原まり ライブ @ 代官山 晴れたら空に豆まいて (2008.11.16)

ここでは、「福原まり ライブ @ 代官山 晴れたら空に豆まいて (2008.11.16)」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
彼女のライブは以前フィッシャーメン・ティット・トットとしては聴いた事があったのですが、福原まりのライブとして聴いたのは今回が初めてでした。彼女が操るKAOSSILATOR(おそらく)でぴょんぴょん跳ねる様なSEを鳴らし、そこにトイピアノとトイシロフォン(?)なんかも絡み、不思議な世界に案内している様な雰囲気で演奏が始まりました。途中からは、昨年リリースされたアルバム「pieta」でヴォーカルとして参加しているリン・ホブデイも加わっていました。

前にも同じことを書きましたが、まりさんのピアノって、畏まって聴かせるっていうんじゃなくて、放課後の音楽室から漏れてくる様な心地よさがあって(アフター・ディナーの所でも同じ例え方したけれど)スーッと引込まれるんですよね。今回生で聴いて改めて思いました。

「pieta」から、自分の好きな「pasear」が今回聴けたのは嬉しかったけれど、欲を言えばアルバム「OCTAVE」に収録の「ロシア鉄道」、「FINAL」や、リアル・フィッシュ時代の「水がわたしにくれたもの」なんかも聴きたかったなぁ。

それにしても、ベースの中原信雄さんがしばらく見ない間にシブくなっていて、前はもっと板尾に似ていたんだけれど似てなくなっていました(笑)。昔、一緒にフィッシャーメン・ティット・トットを聴きにいった友人が「ベースの人だけなんか若くね?」と言ったので「君が中学生くらいの頃から、彼はミュージシャンをやっているよ」って教えてあげた事があるくらい、若く見えたんですけれどね。

写真は、そのフィッシャーメン・ティット・トットと、本当は「好きなレコジャケ」のカテゴリーで前に紹介しようと思っていた、「OCTAVE」のCDです。

fshrmnttttctv.jpg


MySpaceで福原まり曲が何曲か聴けます↓「de chi-ca」がなごみます。

http://www.myspace.com/marif
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://loosecube.blog94.fc2.com/tb.php/416-e9ecd74f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。