押し入れの中(6)~リズムマシン(音声付き)

ここでは、「押し入れの中(6)~リズムマシン(音声付き)」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウチの押し入れの中に眠っている電子楽器の中から、自分が高校生の頃に買ったリズムマシンを引っぱり出してみました。

今回は、音声付きで説明してみましたので、よかったら、聞いてみて下さい。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
loosecubeさん、こんにちは。

かつて、この機種を保有しておりました。MTRを使い始めた頃で、エフェクトをかけて、ひたすら自由にパッドを叩き、それにコラージュを数種重ね、再度ドラムを入れておりました。全然、リズムループを使いこなせずにいた私としては、loosecubeさんのナマリズムトラックに驚きました。こんなこともできるわけですね。そう考えれば、やはり使う人の使い方によるんだなあと
あらためて思います。

なお、全然違う話ですが、loosecubeさんの声を初めて聞きました。先日、友人と、ブログを書いている人の文は、自分が読むときにその人がどのような声と認識して(あてはめて)読んでいるかというような話をしていました。非常に興味深い考察ではありました。
ちなみにloosecubeさんの声は想像通りのいい声(口調含む)で、安心しました(笑)






2008/03/17(月) 19:56 | URL | araigma #-[ 編集]
araigmaさん こんにちは。

おお!araigmaさんもかつて同じ機種を保有されていましたか。やはり同世代ですな(笑)。触れた感触というのは、打ち込み系の楽器でも、甦るものがありますよね。

araigmaさんの使われ方こそ、コメントを読みながら想像しますと、他では思い付かない、独特なものの様な気がしてきます。まさに、「使う人の使い方による」ですね。

このリズムマシンを10年振りくらいにちょっといじってみて、そうこうしているうちに、ブログに載せようと思いはじめて、どうせだったら音付きにしようと思って、この様にしました。

あの組んだリズムパターンの解説を一応しますと、ハイハットがですね、32分→16分→符点16分→8分→符点8分→4分…と、順に刻んでいまして、一定のテンポの中で段々とテンポが下がっていくかの様にしているつもりなんです。スネアとキックは、モタつき感が出る様意識しながら、適当に打ちました。

自分の声を聴くのって気持ち悪いですね(笑)。妙に落ち着きないし、「えーっと」や「ま」ばかり言っているし、ちょっと訛っているし(苦笑)。本人が聴くと嫌な所ばかり目立ってしまいます。
2008/03/18(火) 00:30 | URL | loosecube #Mz30KDvM[ 編集]
この語り口は、坂本龍一のサウンドストリート!(笑)。楽しく聴きました。またやってください。
2008/03/18(火) 03:16 | URL | ひらつか #PNSfWYmA[ 編集]
確かに、ボソボソした口調が教授っぽく聞こえるかもしれませんね。
自分では別に教授のマネをしているつもりはないんですけれど…。
ただ、自分も子供の頃から教授のラジオ番組は聴いていたので、無意識に影響しちゃっているのかもしれませんね。
影響はそこかよーみたいな(笑)。

コメントありがとうございました。
2008/03/18(火) 21:26 | URL | loosecube #Mz30KDvM[ 編集]
まさかオーケストラヒッツが入っていたとは…。
確かに今なかなか聞けませんね。この音は。

ボクは同じ頃? かな? R社のTR-707を使っていました。

そういえばP-5の系譜でP-08が出ましたが、今度はlinndrumの新作が出るとか出ないとか…。

ところでホントにサンストですねぇ。コレは。懐かしい…。
2008/03/19(水) 00:03 | URL | tarepam from dupli #-[ 編集]
おお!これはtarepamさん、ようこそ。

自分にとっては電子楽器の師匠ともいえる、tarepamさんからコメントをもらえるのは嬉しいです。

「オーケストラヒット」は、「ゲートリバーブ」、「シモンズ」とともに「今使ったら恥ずかしい音」に入るのではないでしょうか(笑)。

当時にTR-707を使っていたというのは、自身がどういう音楽を求めているのかを見極めた、賢いチョイスだったのではないでしょうか。R社は、ソフト系に変わって廃れていった「箱モノ」のリズムマシンの中でも、自社の培われたノウハウを活かした、長く作り続けているブランドですよね。

我々の世代にとっては、ソフト系が主流に成ってきている中、形あるものの方に温もりを感じてしまうと思うのですが、どうでしょう?勿論、音そのものが大事ではありますが。

自分では最近音楽を演っていないので、最近の楽器事情に疎くなってしまいました。linnの新作も出るとしたら、かつてのlinnサウンドをシミュレートしたものになるんでしょうね。

懐かしんでいただいた様で(笑)。これを聞いて、tarepamさんの創作意欲の刺激にでも少しでもなってくれたら嬉しいです。

コメントどうもでした。
2008/03/19(水) 07:19 | URL | loosecube #Mz30KDvM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://loosecube.blog94.fc2.com/tb.php/376-beb42b88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。