「初音ミク」についてもう少し。

ここでは、「「初音ミク」についてもう少し。」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日のエントリーで「初音ミク」の現象について感じたことを述べましたが、そもそも「初音ミク」ってなんなの?って思っている方のために簡単に説明しますと、テキストと音階を入力して歌を歌わせる音楽ソフトで、人間の歌い方にかなり近い所まで再現出来る性能の良さと、「萌え」な声素材と架空のキャラクターのパッケージングがユーザーの心を掴み、実際に歌わせた曲を動画サイトに次々にアップされることも手伝い異例のヒットとなった商品です。

「ニコニコ動画」や「YouTube」で「初音ミク」と検索をかけると、かなり多くミクの歌声が聴くことが出来ます。ほとんどが元々ある楽曲をミクに歌わせているものばかりなのですが、元ネタを知っていると、違いを聴き比べるのが面白かったりもします。

そんなに沢山聴いてみたわけではありませんが、自分のお気に入りは、YMOの「以心電信」と、あんしんパパの「はじめてのチュウ」です。この2曲は最近買ったMP3プレイヤーにも取り込んで聴いています。

YMOの曲を歌わせているのは沢山あるのですが、その中でもこの「以心電信」は、幸宏氏のタメた歌い方をなんとか再現しながらも、ミクの声のカワイらしさも同時に活かされているように思います。



「はじめてのチュウ」は、オリジナルよりも好きかも。素朴な歌声が曲にマッチしていてスゴくカワイイ。コーラスもかなりイイ味出しています。



自分はいわゆる「萌え声」って、人の弱みに付け込んだ媚びた感じがなんか好きになれないのですが、この2曲の歌声に関しては、涙腺が緩みそうなカワイらしさがあって自分にも受け入れられます。まあ、これもまんまと弱みに付け込まれてしまったということになるのかもしれませんが。

同じミクに歌わせていても他の曲は自分はあまりグッときませんでした。例えば最近ハマっているPerfumeでも、「エレクトロワールド」なんかも途中まではいいんだけれど、「Ah~」の所でなんか萎えちゃうし。曲の相性とかもあるんでしょうかね。逆にこれでPerfumeのプロデューサーの中田氏はエフェクトをかけながらも3人の歌声をいかに上手く活かしているのかが分ったりします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://loosecube.blog94.fc2.com/tb.php/338-4f8c0ba8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。