形ないものへの価値観

ここでは、「形ないものへの価値観」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ケヴ・ホッパーのウェブサイトで彼のこれまでのソロ作品がMP3でフリーダウンロード可能なって、自分は2作品(計13曲)ダウンロードしたためその分のお金を振り込もうと決めた時に、MP3という形の無いものに価値を付けることと、聴く側で値段を決めなきゃならないことに慣れていないため、いくらにするかとまどいました。とりあえずいつも買っているCDの値段を基準に日本円にして約5千円を振り込んだわけなのですが、CDって別に売り上げ全てがアーティストにいっているわけじゃないんだから、そのままあてはめるのもおかしいっていえばおかしいんですよね。

自分は今までMP3にはどうも抵抗感があって、プレイヤーだってつい3ヶ月前にやっと買ったばかりなんです。音質がCDより…っていうのもそうなんですけれど、形の見えないMP3に作品の価値は感じても、商品としての価値がいまひとつ感じられませんでした。なんかニセモノくさく思えてしまうっていうか。

自分はレンタルレコード世代です。子供の小遣いではレコードなんてそんな何枚も買えるものではありませんでしたから、レンタルレコードは重宝しました。なので自分もかつてそこで似た様な価値観を経験しているはずなのですが、大人になってからその頃レンタルしていたCDやレコードを買い直すことで、手に入れた喜びとともに逆に形あるものへの価値を感じる様になっていったんです。

ジャケットアート等、パッケージも含めたトータルの作品観っていうのも理由に出来るとは思いますが、そこを抜きに考えると、単に(正式の)盤として形になっていることと、CDのオーディオフォーマットに安心感を覚えているだけなのがわかってきました。いつまでもそんな所に価値観を持っていると、音楽本来の楽しみ方を見失うのではないかと。

その点、今の若い人達は物心ついた頃からMP3があったわけだから、何の抵抗もなく適応出来るんでしょうね。

[追記]


別に誰かに指摘されたわけではないのですが、読み返してみたら、最後の一言がなんか若者に直接訊いたわけでもないのに決めつけたような書き方をしていて失礼だなと思ったので、ここで撤回します。失礼しました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。楽しく拝見させていただいています。

CDの所有欲、同感です。

でも、昔、貸しレコがあったころ、ダビングしたカセットを何度も聞いた思い出も捨てがたいです。

それが今のMP3で聞く感覚とイコールなのでしょうか・・・
2007/10/23(火) 08:06 | URL | のいちぇべれ #OJm1cihY[ 編集]
のいちぇべれさん はじめまして。

のいちぇべれさんも貸しレコ世代ですね。

自分はMP3で聞く感覚と“イコール”と思ってはいません。
“似た様な”とは、パッケージ毎ではなく、中身だけを手に入れて楽しむ部分を言ったのです。あくまでも“似た様な”です。

大人になると、入手困難かよっぽど経済的に苦しくもない限り、CD、レコードを購入するのは子供の頃よりも容易ですので、本当に気に入った音楽であれば、パッケージで買った方がいいと思ってしまうんですね。今更中身だけを容易に入手出来る様になってもなぁ…って。サンプル的に利用する事はあっても。

ただこれがマヒして、「パッケージも含めて楽しむ」ではなく、「パッケージで入手することに安心する」になっている自分がどうなのかなって思っただけです。

あとこれは後からひとつ思ったことなのですが、自分はそもそもネットで通販すること自体に抵抗があるんだなと。通販はよく利用はしますけれど、出来れば足を運んで現物を吟味して買う方を好みます。ちょっとおおげさなんですけれど、商品が並ぶショップって、自分の中では美術館の感覚に近いんですよ。ダウンロードでダイレクトに入手するのでは味気ないな…と。この点では貸しレコとは違いますね。

コメントどうもありがとうございました。
2007/10/23(火) 12:02 | URL | loosecube #-[ 編集]
ありがとうございます。
文章を読んでいて、凄くうなづいてしまいました・・・

私はこれからも、、
"店頭ジャケ買いでのリスクにドキドキしたい"
"(レコードだったら)すり切れるような「何度も聴ける」一枚に出会いたい"

この2つの理由でまだMp3購入はメインではありません。


2007/11/03(土) 20:27 | URL | のいちぇべれ #-[ 編集]
のいちぇべれさんこんにちは。

>"店頭ジャケ買いでのリスクにドキドキしたい"

そうか!これもMP3のダウンロードでは味わえない音楽の楽しみ方ですよね。

>"(レコードだったら)すり切れるような「何度も聴ける」一枚に出会いたい"

同感です。

今後、音楽の聴く/入手する形態の変化に順応していかなければならなくなっても、音楽本来の楽しみ方は見失わない様にしたいと思います。

コメントありがとうございました。

それにしても、「のいちぇべれ」って、いい名前ですね。
2007/11/03(土) 23:46 | URL | loosecube #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://loosecube.blog94.fc2.com/tb.php/333-240578ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。