2007年のツール・ド・フランスは…

ここでは、「2007年のツール・ド・フランスは…」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年はドーピングで揺れたツールとなってしまいました。優勝候補筆頭に上げられていたアスタナのヴィノクロフがドーピング検査でまさかの陽性。他にもコフィディスのモレーニやTモバイルのシンケヴィッツまでも。またドーピングではありませんが、アルプス、ピレネーと優勝争いに食い込む走りを見せたラボバンクのラスムッセンがツール開催前の所在の虚偽により突如チームから出場停止を言い渡されレースを退く事態も。

大会のルールに則った、クリーンな選手達のみで争われて勝ち取った勝利だからこそ、真の王者として相応しいはずなのに、この年の総合優勝者、チームディスカバリーのアルベルト・コンタドールがいまいちそう思えてこないのは何故なのでしょうか。それはツール・ド・フランスに限らずこういった自転車ロードレースは、ただ選手のタイムの速さだけを競うのではなく、選手同士の駆け引きやタイミングなど、複雑な要素が絡み合って勝敗が決まるレースだからなんだと思います。だからルール違反の選手を途中から排除したとしても(増してやそれが総合優勝争いに絡む選手となると)、最初から勝てていたのかどうかは疑問なんです。ただこれが今回もしピレネーでライバルのラスムッセンを置き去りにする程の走りを彼が見せていたのであれば、真の勝者と思えたのかもしれません。どうも不完全燃焼な今年のツール。だからこそ彼には来年の2008年にもぜひ出場してもらって、そこで改めて勝利を勝ち取って欲しいです。

とはいえ、春のパリ~ニースで総合優勝を果たし、コンタドールの強さには目を見張るものがありましたが、まさかツールでここまで見せてくれるとは思いませんでした。チームメイトのライプハイマーも総合3位に入ったし、さすがはディスカバリー。

それにしても海外では人気な自転車ロードレースでも日本ではマイナーなスポーツな故、今回のドーピング陽性の件で、そういったネガティヴな情報だけしか取り出たされないため、増々印象が悪くなっていきそうで困ったものです。

一応コンタドールのつもりです(苦笑)。ウチのペンタブレットに飲み物をこぼしてしまい使えなくなってしまいましたので(泣)、今回は下書きのままで。

conta1.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://loosecube.blog94.fc2.com/tb.php/314-2272ea24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。