「~です」「~ます」

ここでは、「「~です」「~ます」」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、手塚眞氏の著書「ヴィジュアル時代の発想法~直感をいかす技術」を話に取り上げたのをきっかけに、この本をまた読み返しているのですが、著者の人柄が伺える、気持ちのおおらかさを感じる文の綴り方に改めて好感が持てます。

ブログをやられている方々の文章には、気の強さを感じさせる事が多くある様に思います。実際、皆さんが気の強い性格なのかどうかは判りませんが、それは自身の放つコトバに、自信と責任を持っているからだと言えます。公に読まれる場に自信のない事を書いていては、読まれる方々に失礼だからとも言えるでしょう。
また、文末に「~だ」「~である」を用いている文が多いのも、気が強く思えてしまう要因かもしれません。中には「~だ」「~である」を用いる事により主張を強く見せ、自己のコトバを守っている様にも思えます。
自分の場合、文が長かったり、カッコが多くて読みにくかったりでお判りだとは思いますが(すいません)、文章を書くのがヘタクソなため、「~だ」「~である」を用いてしまうと、かなりカン違いな文章になりかねないので、言葉遣いに気を付ける意味で、「ですます調」を用いる事にしています。これもある意味、自己のコトバを守るためとも言えます。ですます調でものを語ると、主張も和らぎますね。普段の自分を知っている友人達からしてみれば、このブログを読むと、ずいぶん違和感を感じているのではと思いますが。

手塚氏もこの本では「ですます調」で自身のコトバを綴っています。
「ですます調」は主張が和らぐと言いましたが、説得力に欠けるというわけではありません。これも使い方なのだと思います。「~だ」「~である」も使い方によっては威圧感をあたえ、反って説得力を欠いてしまう事だってあると思いますし。
「~です」「~ます」も使い方によっては、堅苦しくて窮屈に思えてしまう事もあるのですが、手塚氏はここで、ちょっといい話でも聞かせてくれるかの様な言葉遣いで誘い出してくれているので、リラックスして耳(目)を傾ける事が出来ます。様々な学者、思想家の話を例に盛り込んでもいるのですが、彼の言葉の使い方のやさしさから堅苦しさを感じさせません。

考えてみると、そんな手塚氏の様な紳士さを感じさせる文章に、自分は無意識に憧れを持ち「ですます調」を用いていたのかも…と、今回読み返してみて思いました。自分の場合、「~と思います」が多く、小学生の作文みたいで、似ても似つかないのが悲しい所ですが(苦笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。

非常に興味深い内容ですね。
僕は文章を書くのは好きですが、
あまりうまく書けないため
短いです。(笑)
ちなみに、自分のブログを見直しましたが
かなり、ですます調となっていますね。


*「失敗」に学ぶ ということに関連して。
以前から自然とするようになったのですが。
何か、事件が起きたりすると
もしそれが自分だったら、どの時点で、どう判断したか、その経過において何ができたかを。
感情移入というか、シュミレーションをしてみたりしています。
たいへんエネルギーが必要ですが
こうすることで
自分がしなければならない微細+重要な判断基準を強くすることができるのだと
思っております。

2006年10月18日(水) 22:07
2007/03/16(金) 12:20 | URL | araigma #-[ 編集]
araigmaさん こんにちは。コメントありがとうございます。

> 僕は文章を書くのは好きですが、
>あまりうまく書けないため
>短いです。(笑)

「アライグマランド」には、比較的短い文章の中に、伝えたい事が集約されていて、とても読み易い印象があります。
自分の場合、これでも余計な文章は省いているつもりなのですが(という事は、ブログにアップする前はもっと長い文章だって事なんですが)、要点がまとめられなくて、長々とした読みにくい文になってしまいます(苦笑)漢字に変換して、見た目を短くみせようとすると、かえって読みづらくなってしまったり…

>自分のブログを見直しましたが
>かなり、ですます調となっていますね。

araigmaさんが、「~です」「~ます」や、「~だ」「~である」の“制約”に縛られずに、その時のご自身の伝えたい言葉を(巧く)素直に出せているのだと思います。だから短い言葉で伝えられる。羨ましい事です。

> *「失敗」に学ぶ ということに関連して。

参考になるコメントです。
失敗による事故の報道は、普段自分も他人事ではないと言う気持ちで受け止めてはいるのですが、そこまでで、シミュレーションまではした事はありませんでした。

あの番組からは、大きな失敗にならないために普段自分に何が出来るのかを学んだ様な気がしました。

2006年10月19日(木) 00:30
2007/03/16(金) 12:21 | URL | loosecube #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://loosecube.blog94.fc2.com/tb.php/237-833c410e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。