KRAFTWERKの「ツール・ド・フランス2003」のPVから選手を判別してみる

ここでは、「KRAFTWERKの「ツール・ド・フランス2003」のPVから選手を判別してみる」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
せっかくKRAFTWERKとツール・ド・フランス(以下ツール)両方好きなんだから何か両方知っていて出来るネタないか考えてみたんですけれど、暇な事を思いつきました。「ツール2003」のPVの中から判る選手を探してみようと思います。

といってもコレ、後ろ姿や引きの映像だったり選手を判別しにくくしているんですよね。チームやスポンサー名も判りにくくするために左右反転にしている箇所もあるし。

それでも一番判り易いのはツール7連覇を果たしたゼッケンNo.1番のランス・アームストロングの姿ですね。

lance4.jpg
コレはチームジャージが白っぽいので2000年のランスですね。

lance2.jpg

ここにもマイヨジョーヌを着たランスが。

groupmllt.jpg

コレの一番前にいるのが、ランスのチームメイトのエキモフの様な気がするんですよね。USポスタルのジャージみたいだし。

ekimov.jpg

そしてこれも同じUSポスタルの、左が(今や渦中の人)ランディスと、右がヒンカピーだと思われます。

landishinkapie.jpg

そしてこれはもう後ろ姿でもすぐに判りますね。ランスのライバル、ドイツ人のヤン・ウルリッヒです

ulrch.jpg

フラム・ルージュ(ゴール前1kmを示す、アーチに垂れる赤いフラッグ)の手前でアタックするこのシーンは、雑誌に載っているレース結果とか写真とか見ながら照らし合わせてなんとか判別出来ました。ツール2002年の第5ステージです。右からミカエル・サンステッド(CSC)、ヤーン・キルシプー(AG2R)、クリストフ・エダレーヌ(ジャンドゥラトゥール)、ルド・ディールクセンス(ランプレ)、ステファノ・カザグランダ(アレッシオ)です。

flamrouge.jpg

このゴールスプリントのシーンも判りました。ツール2002年第6ステージです。左がオーストラリアチャンピオンジャージを着たロビー・マキュアン(ロット)、右がマイヨベールを着たエリック・ツァベル(ドイチェテレコム)です。

zabel1.jpg

こちらもその2人。

zabel2.jpg

この写真判定の先頭にいるのは、おそらくなんですけれど、手のあげ方からするとマペイ(当時)のトム・ステルスかなぁ~って思います。っていう事は、右どなりは、チポッリーニかも。

tom.jpg

間違っているかもしれませんが、自分が判った、もしくはそうじゃないかと判断出来たのは以上です。

PV序盤に壮大な景色がいくつか出てきますが、それらはどこなのか自分にはちょっと判りませんでした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
わかりやすい写真と解説、楽しませて頂きました。
そうして見てみると、ほぼ間違えないかなと
私のつたない知識からも思われます。
(集団ゴールシーンはわかりませんでした…)
ただ、ヒンカピーだけ「???」でした^^

2006/08/16 08:31
2007/03/17(土) 22:48 | URL | MOCHI #-[ 編集]
>MOCHIさん
こんばんは。

こんなくだらないネタにコメントいただけるなんてお恥ずかしいです。

MOCHIさんは詳しそうですね。

> ただ、ヒンカピーだけ「???」でした^^

この様な静止画で見ると判りにくいんですけれど、実際の動画で見るとヒンカピーに見えるんですよ。違うかなぁ~(悩)。

2006/08/16 22:50
2007/03/17(土) 22:49 | URL | loosecube #-[ 編集]
動画観てみました~
ランディスはまぎれもなく…
ヒンカピーはたぶんそうですね!

2006/08/17 00:22
2007/03/17(土) 22:49 | URL | MOCHI #-[ 編集]
You Tubeで見たのですが、
これは大会のOPみたいですね。
スポーツの映像なのに「四年前の感動を!!」みたいな
熱い感じがカットされていて素敵です。
さすが、フランス....。
そして、さすがクラフトワーク。
音楽もひんやりして気持ちいいです。
それと、顔がわからない映像で選手が識別出来るなんて凄いと思うのですが、それはやはりよく見ていると親しい人は後ろ姿でわかるみたいに、わかってくるって事ですよね。

2006/08/17 16:06
2007/03/17(土) 22:50 | URL | 高田 #-[ 編集]
>MOCHIさん
こんばんは。
高田さんもコメントされていますけれど、
例の動画サイトで検索すると見れますね。
KRAFTWERKのウェブサイトでも前は見れたんですけれど、
今探してみたら見つからなかったです。

> ランディスはまぎれもなく…

やっぱりそう見えますよね!


>高田さん
こんばんは。コメントありがとうございます。

> これは大会のOPみたいですね。

ツール・ド・フランスは2003年で100周年を迎えまして、それを記念して作られた曲なんです。因に100年前の1903年は、ライト兄弟が動力飛行に成功した年です。凄いですよね。

> スポーツの映像なのに「四年前の感動を!!」みたいな
>熱い感じがカットされていて素敵です。
>さすが、フランス....。

自分はこのPV大好きで、選手を判別するの関係無しにしつこい位繰り返し見てしまいます。テンポの良い映像の編集が気持ちいいですね。文字の入れ方なんかも、「マン・マシーン」の頃からロシア・アヴァンギャルドをヴィジュアルに取り入れていたKRAFTWERKらしさが出ていて好きです。

>そして、さすがクラフトワーク。
>音楽もひんやりして気持ちいいです。

日本のスポーツのテーマソングと言ったらハードロックかフュージョンの様な“熱い”音楽がほとんどだと思うのですが、KRAFTWERKのこの曲はクールで、意外性があって逆に新鮮です。でもこれがまた景色の壮大さにもマッチして、長い距離を走るレースの過酷さがじわじわと伝わってくるんですよ。
この辺は自分には日本と他の国の国歌の違いと似た様なものを感じます。
全ての国がそういうわけではありませんが、諸外国の国歌は気持ちを高ぶらせる様な盛り上がる曲が多いのに対して、日本のは精神統一とでも言うのでしょうか?静かにじわじわと入っていくじゃないですか。
すいません。話が脱線しました。

> それと、顔がわからない映像で選手が識別出来るなんて凄いと思うのですが、それはやはりよく見ていると親しい人は後ろ姿でわかるみたいに、わかってくるって事ですよね。

サッカーなんかでもそうだと思うんですけれど、引きの映像で顔では判別出来なくても選手の体系や動きのクセが頭の中にインプットされているため誰だか判ってしまうというのと同じですね。

2006/08/17 21:54
2007/03/17(土) 22:51 | URL | loosecube #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://loosecube.blog94.fc2.com/tb.php/217-34584436
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。