映画「OVERCOMING」と「マイヨジョーヌへの挑戦」

ここでは、「映画「OVERCOMING」と「マイヨジョーヌへの挑戦」」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一昨日、渋谷のアップリンク・ファクトリーにて「OVERCOMING」「マイヨジョーヌへの挑戦」という、ツール・ド・フランス(以下ツール)に挑む選手、スタッフ達を追ったドキュメンタリーフィルムを観に行きました。この日は、2000年からツールを現地で取材しているジャーナリスト、土肥志穂さんのトークもありました。

overcoming1.jpg自分は映画ネタは普段このブログでは書き込みません。理由は>「映画パンフの山」の頁で説明しましたが、映画を見る時にブログにどう書こうか頭で考えながらになりそうなので、楽しめなくなるからというのも一つの理由です。
ただ今回のは自分の好きな自転車ロードレースネタですし、ドキュメントだからネタバレもあまり気にしなくていいので、書き込む事にしました。

アップリンクはインディペンデント映画を主に上映するミニシアターですが、場所が移転してから自分は初めて行きました。

自転車ロードレース関連の映画ですと、数年前に「茄子 アンダルシアの夏」という、日本のアニメーションがありましたが、普段のレース中継では見えにくいチームの戦略遂行、選手間の駆け引き、心理描写などがリアルに表現されていて、自転車ロードレースの面白さがとても分かり易く描かれていました(自転車以外の要素もこの映画には面白さがあるのですが)。
今回の映画はよっぽどの映画好きかドキュメント好きでもない限り(要するに違う見方が出来る人)、自転車ロードレースの予備知識がない人には面白さが伝わりにくいかもしれません。その代わり自転車ロードレースを知っている人にとってはとても楽しめる映画だと思います。
やはりレース中継だけでは知る事の出来ない、選手の素顔やスタッフとの信頼関係、レースに秘められた実情が垣間見れます。

TVが普及していない時代における映画ならまだしも、ドキュメンタリー“フィルム”なだけに、観客に足を運ばせるためにはそれなりの作品としてのクオリティーが要求されてくると思うのですが、緊迫した状況、限られた条件の中でカメラはとても効果的に回っていましたし、編集も変にこり過ぎて何を伝えたいのかが分からないものには決してなっていなく、かといってただの記録映画には終わらせない、質の高さがありました。

それにしても普段からレースの解説の中で栗村監督が言っていますが、自転車の監督って本当に大変な仕事なんですね。過酷なレースの中、選手達は過剰にストレスが溜まっていて、監督はそれを受け止める役目もするんですよ。愚痴を聞いてあげたりして。
で、監督もまた人間ですから、やはり悩んだり落ち込んだりするわけです。そういう時は今度はマッサージャーやスタッフが監督の話を聞いてあげるんです。ホント、信頼関係なくしてはチームは成り立たないんだなとひしひしと伝わってきます。

そんなチームの内情を見せられてしまうと、今年のジロでのバッソの驚異的な強さに対して「つまんない」と軽々しく発言してしまった事に対して申し訳なく思ってしまいました。

あと選手達と関係ない所では、日本の中継ではあまり映る事の無い、「ロンソームストーンガッ」って雄叫びをあげる名物実況のダニエル・マンジェスさんがよく映ってたのが個人的にはちょっと嬉しかったですね。欲を言えば悪魔おじさんも見たかったかな(笑)。

土肥志穂さんのトークのコーナーでは、今回の映画のあのセリフ、あの映像は何を意味していたのか?の解説があり、残りの時間は今年のツールの予想話をしてくれて、ご自身の著書のツールについての本の宣伝はほとんどしていませんでした。いい人だ(笑)
パンフレットの土肥さんのコメントも読みましたが、屈辱感を味わいながらも取材を続ける情熱、そこまでツールは魅せられるのだという彼女の想いが伝わってきました。

余談ですが、自転車ロードレースって、監督がチームカーを自ら運転しながら指揮するじゃないですか。あれ見ると監督も一緒に戦っているんだって思えて凄く好きなんですよね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
深い映画ですよね、すごい。
でもloosecubeさんが書いてらっしゃる通り
誰が観ても楽しめる作品…ではありませんでしたね。
これ観て自転車ロードレースのこと、あまり知らない人も
好きになってくれたら…の希望は叶わなそう、少し残念。

そしてレースはもすぐ開幕~楽しみたいですね♪

2006/06/22 22:03
2007/03/17(土) 22:43 | URL | MOCHI #-[ 編集]
MOCHIさんこんにちは。

なんだ、MOCHIさんも自転車ロードレース好き+映画観に行かれたんですね。

これは1人でも多くの人にツール・ド・フランス(+それに挑む選手達)の魅力を知ってもらうための映画では無い様な気がします。
例えばご自身の興味の無いスポーツをテーマにしたとしましょう。自分だったら…じゃあアイスホッケーとします。
はたして足を運んでまで観に行ってみようと思うでしょうか。

> そしてレースはもすぐ開幕~楽しみたいですね♪

世間ではサッカーW杯で盛り上がっていますが、映画観たのも手伝って、自分はこっちに気持ちが行っちゃっています。毎年この時期になるとワクワクします。ツール好きならこの気持ち分かっていただけると思います

2006/06/22 23:21
2007/03/17(土) 22:43 | URL | loosecube #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://loosecube.blog94.fc2.com/tb.php/201-caaf80a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。