ジェイムス・ブラッド・ウルマー/アー・ユー・グラッド・トゥ・ビー・イン・アメリカ?

ここでは、「ジェイムス・ブラッド・ウルマー/アー・ユー・グラッド・トゥ・ビー・イン・アメリカ?」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JAMES BLOOD ULMER/ARE YOU GLAD TO BE IN AMERICA?

aygtbia.jpg去年ケーブルテレビでジェームズ・ブラッド・ウルマーのニッティング・ファクトリーでのライヴ映像を見ました。そのライヴはフィンガリングでギターをかき鳴らした、まるでリタイアしたオヤジの道楽ブルースって感じでしたが(すいません言い過ぎました)、これを見たのをきっかけに、前から聴いてみたいと思っていたジェームズ・ブラッド・ウルマーのCDを購入しました。

それで手に入れたのが、ここで紹介する「アー・ユー・グラッド・トゥ・ビー・イン・アメリカ」です。

彼はオーネット・コールマンのハーモロディック理論の精神を継承したギタリストとしても知られています。ジャズのフィールドで語られる事が多いのですが、彼が最も先鋭的だった70年代後半~80年代前半の頃にこのアルバムはリリースされ、ラフ・トレードというレーベルからリリースされた事もあって(CDはDIWから)、ロック好きにも注目されたようです。前にここで紹介した「ロック・オルタネイティヴ」でも取り上げられています。

1曲目から小気味良く切り刻むウルマーのギターが軽快なファンクに絡んでいきますが、次第に共演者と共に急々しく落ち着きのないスリリングな演奏に向かっていきます。

ウルマー自身のヴォーカル曲も2曲ありますが、これは割と真っ当なファンクです。幼少の頃からゴスペルグループで歌いながらギターを弾いていたらしいので、味のあるヴォーカルを聴かせてくれます。

自分はオリジナルのラフトレ盤は聴いた事がなくミックスダウンし直したCD盤の方しか聴いていないので、こんな事言うのは軽率かもしれませんが、音質はクリアーなのですが、その分時代の空気感が損なわれた印象を少し受けました。

自分はこのアルバム以外に「ブラック・ロック」も入手しました。そちらは更にテクニックが高度になっています。とても刺激的で好きなアルバムですが、そのテクニックが自分にはやや誇示しているかの様にも聞こえてしまうので、どちらかと言うと「アー・ユー~」の方が好きですね。

ウルマーの他の作品で気になるのは、オーネット師匠やジャマラディーン・タクマ等が共演している「Tales Of Captain Black」と、Music Revelation Ensemble名義の「No Wave(タイトルからして気になる)」です。今探している最中です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://loosecube.blog94.fc2.com/tb.php/196-6f856521
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。