去年観に行っておけば良かったかなぁーと思ったライヴ その2

ここでは、「去年観に行っておけば良かったかなぁーと思ったライヴ その2」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チケット取れたかどうかは別として、去年観に行っておけば良かったかなぁっていうライヴの話の続きをします。


【SKETCH SHOW + 雲龍 杉本博司~時間の終わり~at 森美術館】

CATVで2分位だけチョロッと放送されたのを見たのですが、やさしく音が流れて行くのが心地良かったんですよ。なんか80年代中期の細野さんのモナド系の様で。いかにもなエレクトロニカの音をしていなかった所がいいですね(別に自分はエレクトロニカ嫌いではありませんが)。会場の雰囲気も良さそうでしたし。これこそDVDでリリースしてくれたらいいのに。でもまあ、たった2分位の映像で良さが判断出来るものではないのでしょうけれど。実際長く聴くとだれちゃうかも知れませんし。


【デア・プラン】

これはもう(気持ちの)タイミングですね。今更になってしまい行きませんでした。10年前だったら間違いなく観に行ってたんですけれどね。80年代中期に来日した頃のライヴビデオは観てるんですが、やっぱり今回も着ぐるみ着たおゆうぎ会みたいなライヴパフォーマンスだったのでしょうか?

【ジェームス・チャンス・アンド・ザ・コントーションズ】

名オムニバス盤「No NewYork」でも先陣を切るコントーションズ。
これもタイミングですね。今聴きたい気持ちじゃないのに来日されても…っていう。ベースがラウンジ・リザーズ、ファータイル・クレセント、スケルトン・キーのエリック・サンコだったらしいんですよね。彼のベース結構好きなんで尚更観に行くべきだったのでしょうが、結局行きませんでした。

【ビリー・バン】

去年に来日していたなんて知りませんでした。六本木の「Super Deluxe」にて。琴の八木美知依 、ドラムの外山明 、ダンスの工藤丈輝 と共演したみたいですね。ビリー・バンはマテリアルの「メモリー・サーヴス」で特に印象に残ったヴァイオリニストなのですが、独特な音程感がクセになりそうな位ハマるので、来たの知っていたら観に行ったのになぁ。

【ローリー・アンダーソン】

今回、彼女自身のライヴパフォーマンスってありましたっけ?愛・地球博にも訪れてましたよね。


【カール・ハインツ・シュトックハウゼン】

これはもう単にミーハーな気持ちで。よく解りもしないクセして。結局行かなかったけれど。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://loosecube.blog94.fc2.com/tb.php/162-390f7205
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。