YMO/テクノデリック

ここでは、「YMO/テクノデリック」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
technodelic1.jpg
 shuumaさんのブログに自分が書き込んだコメントとかぶりますが、shuumaさんのリクエストにお応えして自分のブログでもこのアルバムの事を紹介してみます。

 言わずと知れたYMOの「BGM」と並ぶ最重要アルバムです。

 このアルバムは、サンプリング、エスニック、ファンク、インダストリアル、ミニマル、現代音楽等々、いろんなキーワードで語る事が出来るのですが、それら全てをここで取り上げなくても他でも多く語られているのでここでは僅かにしておきます。そうしないとキリがないし。

 まず何と言っても細野さんの弾くベースがカッコいいんです。特に自分が好きなのが「LIGHT IN DARKNESS~灯」のベースなんですけれど、ファンクなのにいわゆる普通のノリノリにはならず、“間”を上手く生かして(いわゆる“タメ”)ここって所にさりげなく入ってくるんですね。これが凄くセンスいいんです。
technodelic2.jpg他にも「NEUE TANZ~新舞踊」では、これまた“間”を生かした音数の少ないスラッピングベースでこの曲に“ファンク”という“アクセント”を吹き込んでいます。“間”もここではしっかりと演奏になっています。
また「STAIRS~階段」では、教授の弾くピアノの下から階段を這い上っているかの様な不思議なベースがこの曲の陰鬱で怪しげな雰囲気を更に際立たせています。
自分はこのアルバムを聴いて改めてベーシストとしての細野さんを好きになりました。

 あと後期のYMOはコーラスグループでもあるとよく言われますが、このアルバムでそれが開花されたイメージを受けます。初期でもハモリはありましたが、いわゆる後期の様なハモリ路線は前作の「CUE」から始まったのだと思います。このアルバムなんかのっけから「PURE JAM」でアカペラですからね。スケッチ・ショウを初めて聴いた時も、あれこそコーラスグループだと自分は思いました。

 とにかく「BGM」も含め「テクノデリック」はとても聴き応えのあるアルバムです。

winterlive.jpg ついでに言っておくと、このアルバムがリリースされた後に行われたライヴの映像が「ウィンター・ライヴ’81」というDVDで観る事が出来ます。この映像を当時観た時はカメラワークとか映像の編集の仕方とかがまるでホームビデオを見ているかの様な質の低さを感じて嫌だったのですが、今は逆にそれがアンダーグランドっぽさが出ていていいのかもって思えてきました。このライヴ映像では「NEUE TANZ~新舞踊」で教授のアート・リンゼイそのまんまじゃんか!っていうギタープレイが聴けます。またアルバムではシンセベースだった「音楽の計画」では細野さんがスティングレーでファンキーなベースプレイを披露しています。あと今年の教授のソロライヴでも演奏された「ハッピー・エンド」では教授が前半をプロフェットで東洋的な旋律を奏で、後半をサスティン掛かったディストーションギターの様な音をプロフェットで弾いていて、気持ちいいです。

さて問題です。上記で「いわゆる」は何回使われたでしょうか?

>>YMOの呪縛
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://loosecube.blog94.fc2.com/tb.php/144-903f63c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。