P-MODEL/potpourri(ポプリ)

ここでは、「P-MODEL/potpourri(ポプリ)」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
potpourri.jpg 平沢進(g,vo)率いるバンド、P-MODELの81年にリリースされた通算3枚目のアルバムです。

 前作までのテクノポップなイメージから一転、例えばシンセの音にピコピコ音を排除し、音の定位は、ギターとオルガンが両サイドに追いやられ、他はセンターに位置すると言ったスタイルが終止通され(「アナザー・スメル」は除く)、よりシリアスになり、リバーブが今までよりウェットになったのとディレイを効果的に使用している点以外は演奏も、サウンド的にもそんなに凝ってはいません。(その代わり次作では音響的に追求した作品になっていますが)そう言ったぜい肉を削ぎ落としたシンプルなスタイルからP-MODELの中でもとりわけロックなアルバムと言えるかも知れません。

 しかしたすきのコピーには「ROCKは恥かしい」と記されています。という事は、恥ずかしい事をわざわざ自ら演じているのでしょうか?実はロックとここで言ったのは表面だけで見た話で、色々と屈折はしています。特に歌詞。普通、人間って「解る」とか「出来る」に気持ち良さを感じるものですが、自分はこの歌詞を聴いて「解らない」気持ち良さをおぼえました。「解り易い解らなさ」と云った所でしょうか?どっちみち自分の様な凡人は無理に理解しようとはしません。ここではそんな邪道な楽しみ方もありです。ただ歌詞を聴いて一つ解るのは、それまで外に向かって放っていたエネルギーを、ここで一度内側に方向転換をしている事です。ある意味たすきの「ROCKは恥かしい」は、「ロックで歌われているほとんどの歌詞は恥かしい」といった解釈の仕方も1つの手だとは思いますが、メンバーが意図してこのコピーを掲げたのかどうかは判らないので、そこまでこのコトバに過敏に反応する事でもないのかもしれません。

 自分は後追いでしたがP-MODELは順序良く1stから入りました。1st~2ndもそれはそれで好きでしたが、プラスティックス、ヒカシューと同じ、テクノポップ御三家の1バンドとしての印象でしかそこでは思いませんでした。しかしこの3rdは違いました。ここからは他の御三家とも、他のロックバンドとも違う(歌詞も含めて)カッコ良さを感じました。コレで自分はP-MODELにハマりました。

 とにかくP-MODELは奥が深いため、一枚聴いただけでは本当の良さが判りません。自分はP-MODELの中ではこのアルバムが一番好きなのですが、ただそれはP-MODELワールドの中での自分が選んだ表紙に過ぎません。例えばこのアルバムに限らず、ある1つのP-MODELの作品にあなたがハマったとします。でもそれはこのバンドの持っている魅力のほんの1部なのです。決してそれは1枚だけでは魅力が伝わりにくいと言うのではなく、1つ1つの作品毎に全然違う魅力があり、それが全て同じ“P-MODEL”なんだと言う事に改めて気づく事で判るこのバンドの凄さがそこにあるのです。
 
  余談ですが、アルバム最後の曲「ポプリ」の終章は、NEW MUSIKの「Warp」、又はルパート・ハインの「イミュニティ」のラストと同じ様なトリップ感を味わえます(まぁ、似た様な終わり方は探せば他にもあるでしょうけれど)。

 そして「ポプリ」で葬られた後、次作は「ヘヴン」から始まる。


[ブログ内関連記事]

>>次世代に伝えるべき日本のアーティスト

>>結構好きなこの曲(2)~荒木康弘「PROT DRUM」


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。

p-modelでは「カルカドル」が好きです。
どの時代でもその世界観は輝いており
平沢氏の世界に惹きつけられます。

2005/09/21 23:13
2007/03/16(金) 11:23 | URL | araigma #-[ 編集]
>Araigmaさん
こんにちは。
カルカドルもいいですよね。自分も1曲だけ選ぶんだったらカルカドルかな。
ほとんどがヴォーカルとベースとドラムだけの曲なのに不思議な世界観を醸し出していて好きです。

P-MODEL好きの仲間は結構いますが、女性が好むのが「カルカドル」「ワンパターン」、男性が好むのが「ポプリ」「パースペクティブ」な傾向がある気がします。自分の世代の話ですけれど

2005/09/23 00:01
2007/03/16(金) 11:23 | URL | loosecube #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://loosecube.blog94.fc2.com/tb.php/106-08b61415
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。