FC2ブログ
音楽がいくらあっても足りない。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
動物にはなくて、人間にはあるものって色々あるとは思いますが、
「自分を大きく見せる」行為が、動物でいうところの“威嚇”に似ていると思います。

人間にとってもこの威嚇は必要なものなのかというと、必要なくはないとは思います。
例えば、何か相手との心理的な駆け引きの状況になれば、それが必要となる場合もあるでしょう。

ただ、人間にとっては、威嚇だけが他者と共存する唯一の方法ではないと。
他の言い方をすれば、人間にとっては、「強いが正しい」だけではないと。
そこが、動物にはなくて、人間にはあるものの1つです。

なので、やたら自分を大きく見せる人を見ると、動物的な人だなと思ってしまいます。

>>【あなたが正しいかどうかは〜】

>>【追記 1 】



スポンサーサイト
じゃあ例えば、私が正しいと思っているものが、私らしさを形成するものの1つなのだとしたら、それを否定されれば、私そのものも否定されていることになるのでは…としましょう。

そもそも、あなたの私らしさは、他人にとってもあなたの私らしさなのでしょうか。

その人(他人)には、その人らしさがあるわけだから、その人が、あなたの私らしいわけは当然ありません。
だったら、あなたの私が正しいと思っていること全てが、必ずしも、他人も正しいと思っているとは限りません。

なので、私そのものを否定していることにはなりません。

逆に、私そのものを否定されていると思っている人の方が、他人のその人らしさを否定していると言えます。


>>【あなたが正しいかどうかは〜】

>>【追記 2 】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。