音楽がいくらあっても足りない。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このリズムマシンのソフトとコントローラーのみで打ち込んでみたのですが、音階をつける音はやはり鍵盤じゃないとやり辛かったです。それもあってコード弾きが少なく単音で構成されているこの曲を選びました。16音(16音色)しか同時に鳴らせないので、それだけで数を使ってしまうからというのもあって。

でも、ドラムの音だけではなくシンセベースとかいろんな音が入っていますし、パッチシンセのようにちょっとしたエディットも出来るのでその辺は便利ですね。

このソフトには、往年のリズムマシンの名機、TR-808や909、CR-78、LinnDrum、Drumulator、DrumTracksその他諸々、更にはシモンズの音やカシオトーンのリズム音源まで再現していて、おいしい音がたくさん詰まっています。
この動画の後半の方で、その名機のスネアの音の一部をいろいろ鳴らしています。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。