音楽がいくらあっても足りない。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1年振りのブログの更新です。





演ろうと思いついたのがこの動画をアップロードした2ヶ月前だったので、明らかに準備不足の練習不足でした…(苦笑)
前に1人で演った時は1年近く練習したのでまだましでした。

本当は歓迎の意味を込めて彼等の来日までに間に合わせるつもりでしたが、やはり無謀でした…間に合いませんでした。

この曲は自分が約20年前に高校生の頃のバンド仲間と一度演ってみたことがあって、その時はキーボード(と一応ヴォーカルも...)でしたが、今回ベース(バリトンギター)とドラムも挑戦してみました。

シンセサイザーの音はカシオのCZ-1のみですが、20年くらい前に同じ曲を演った時にそのCZ-1で作った音がまだセーブされていたので、それをちょっといじった程度で、今回新たにCZ-1で作った音は出だしに鳴るFSK信号の音みたいなやつだけです。

途中のコード弾きのストリングスの音はCZ-1のプリセット音を使っていますが、バリトンギターのコード弾きと演奏が重なるので、多少際立たせるためにフィルター部分のエンベロープで立ち上がりを少し遅くしました。

エレピの音もCZ-1のプリセット音ですが、あまりにもチープなため、コーラスやディレイやリバーブでチープさをごまかしています。

ブラスの音は昔キーボード雑誌に載っていたCZ-1用の音色データを当時打ち込んだやつです。

CZ-1の機能にあるキースプリットで2種類の音色を鍵盤で別に鳴らせる様にして、左手側は主に「ピョン!」と鳴るSEを弾いています。

今回ホント久し振りにシンセを弾きましたが、昔弾いていた頃に音色チェンジを間違えぬ様、タイミングよくスイッチングするのも演奏の一部ととらえ練習していたことを思い出しました。

シンセの演奏はそんなに困難ではなかったのですが、今回大変だったのがベース。ウチにはベースギターがなくその代わりになるのがバリトンギターで、言い訳をしますと、ネックが細いのに6弦あるから弦間が狭く、サムピングをするのに鳴らしたい弦に安定してヒットしてくれないんです(泣)
なのでスラッピングの部分はツギハギだらけです(苦笑)
うまく編集出来ずクリップノイズが入ってしまい、そこはもうあきらめました。






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。