音楽がいくらあっても足りない。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tpgrphccd1001232.jpg


去年、HQCDとなって再発されたティポグラフィカの「The Man Who Does Not Nod」と「God Says I Can't Dance」のそれぞれに付いていた応募券を集めて送るともらえる未収録ライブ音源CDがとうとう届きました!

これに応募したティポグラフィカファンは、ここ数日、届くのが待ち遠しかったのではないでしょうか。自分なんか毎日ポストの中覗いてましたから(笑)でも郵便ではなく宅配便で届きましたね。

収録曲は「TP-1故障せよ」「フレンズ」「頭芝製セックスフレンド」の3曲。「1995年2月の2Mix音源」と記されている所をみると、「The Man~(ライブ盤)」の収録漏れ曲ってわけではないみたいですね。会場名が記されていないのが気になります。

tpgrphccd100123.jpg


音源の程良い粒の粗さがライブ感をより引き立たせていて、「頭芝製~」の、特に後半の 怒濤の如く渦巻く音の凄まじさなんかは、スタジオレコーディング盤のカッチリさとはまた違った(いや、カッチリはしてるんだけれど)ライブ盤ならではの迫力です。

その「頭芝製~」は、CDでは今や入手困難な1stでしかこれまで聴くことが出来ませんでしたから(数年前にお茶の水のジャニスで中古が高額で売られていたのを見たことがあるけれど)、1stを聴いたことがなくて最近ティポグラフィカに興味をもたれた方々にとっても今回うれしいボーナスになったのではないでしょうか。そういえば、ティポグラフィカのラストライブでリクエストを募って一番人気のあった曲がこれでしたね。

まあ…欲を言えばキリが無いのは承知なのですが、これまで一度もCDに収録されなかった曲や、個人的にデタラメコピーをしたことがあって思い入れのある「ゴム人対サラリーマン」なんかも入れて欲しかったなぁ。

さて、ウンベルティポとしては去年の夏以来ライブが行われていないと思うのですが、来月末に新宿ピットインで久しぶりにやりますね。新曲披露はあるのでしょうか?ニューアルバムのレコーディングをすると去年言ってたから、その辺のお知らせも何かしらあるかもしれませんね。楽しみです。

あ…あけましておめでとうございます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。