音楽がいくらあっても足りない。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
thznfnk.jpg


J Sports のサッカー情報番組「Foot!」で東本貢司氏から「スコットランドのスポーツ記者が書いた中村俊輔の本が和訳されて近々発売されます。」というアナウンスを聞いてから待ち望んでいた「中村俊輔~スコットランドからの喝采」。
発売日の今月26日に本屋を6件廻ったらどこも「当店では入荷されていません」との答え。こんなことだったら予約しておくんだったと後悔はするものの、今更注文したところですぐに手に取ることはできないからとりあえず翌日改めて本屋巡り。渋谷のTSUTAYAでようやく手に入れる事が出来ました。

自分はセルティックに加入する前は中村俊輔にあまり興味がありませんでした。彼がセルティックに移籍してきたときも、最初は失礼ながら「条件のいいクラブで好きなサッカーが出来ればどこでもいい」な気持ちで来たんだろうって思っていました。しかし、加入後彼が試合中何度か見せるユニフォームにある四葉のクローバーのエンブレムに手にやる姿を見て、彼は決して感情の表裏をいやらしく使い分ける様な人間には見えないから、それが心からセルティックというクラブを愛しているがゆえに自然とわき起こる行為なんだなと思えてきました。
そして、同じ日本人として応援したくなる気持ちを素直に引き出させてくれる活躍ぶりをスコットランドの地で次々と見せてくれ、次第に彼の魅力に惹かれていきました。

そしてこの本、「THE ZEN OF NAKA(原題)」とタイトルするところからうかがえる、中村俊輔を通して「日本」をも見ている、そんなスコットランド側の視点に興味がありました。

先日盛り上がったWBCでは、スポーツバーや電気店や自宅など、様々な場所で戦況を見つめる国民の様子がTVで放送されていましたが、この本の第1章には、06/07チャンピオンズリーグの対マンチェスター・ユナイテッド戦で俊輔が決めたフリーキックの瞬間を、世界中のセルティックサポーターがどんな想いで見届けていたのかが綴られていて、クラブ史上心に残る瞬間の一つだったことがうかがえます。まだ読み始めたばかりなので後の方でどう書いてあるか分かりませんが、このフリーキックも興奮したけれど、個人的には06/07のスコティッシュプレミアリーグの優勝を決定付けた対キルマーノック戦の俊輔のフリーキックの方が、今改めてビデオで見返しても目頭が熱くなるくらいの感動を覚えます。

本と話がそれますが、TBSラジオのポッドキャスト「文化系トークラジオ Life」の「就活で何を学ぶか」の回を聞いていたんですけれど、その中で柳瀬博一 氏が「雇用者側がどういった人材を求めているのかというと、既にあるルールまたは空気に合わせた上で能力を発揮出来るか」「仕事場で求められる“コミュニケーション能力”というのは話の上手さと勘違いされるけれど、そうではなく、その場その場で自分は何が出来るか、与えられるものを考える事にある」って言っていて、これを聞いて、俊輔がセルティックに入団してから今日にいたるまでを振り返ってみて、まさに彼がしてきた事だなと思いました。俊輔は人と会話をするのがあまり得意そうにはみえませんが、ピッチ上で自身の与えられた役割を把握、活かしてチームに貢献し、チームメイトやサポーターから認められる存在になっていきました。それが実力を見せつけて周りを黙らせるっていうのではなく、柳瀬さんがポッドキャスとで言っていた「コイツと一緒にやれる」っていう信頼をピッチ上で築き上げたんです。
俊輔は去年、自らの手記で「察知力」という本を出していてこちらも読みましたが、そういった意味では、これって意外と就活にも役に立つ本だったりするかもしれませんね。
スポンサーサイト
自分の様な本格的じゃない中途半端な自転車乗りには何かちょっとした距離を走れる用事が出来るのは嬉しいもので、家から約26km離れた横浜 関内にあるライブハウス「STORMY MONDAY」へは終電を気にしなくていい理由もあって自転車で行くことが多いです。今月12日のウンベルティポのライブも自転車で行ってきました。

ライブの終演がいつもだいたい夜11時前後。ライブの余韻に浸りながら自転車に股がり家路に向かいます。
横浜駅のそばを通り過ぎ、しばらくするとキツい栗田谷の坂に差し掛かり、そこを下るとやがて六角橋の交差点へ、東横線と並走する様にしばらく道が続き、綱島街道から中原街道へと変わる頃には多摩川も見え、自由が丘で食事休憩をし、家のある三軒茶屋のとなり町に到着するのが、チンタラペースもあっていつも夜中の1時くらい。

「好きな道、嫌いな道」で言うと、この道は結構好きな方です。

今年の1月、4-Dのライブが浅草であったのでついでにその前に西新井の温泉にも寄ろうと思って自転車で行ってみたんですけれど、思っていたよりも意外に遠かった…(汗)。

以前にサマソニエレグラも自転車で行ったことがありましたが、ライブを観に自転車で会場まで行くことは自分の場合結構あります。

歩きは歩き、電車は電車、バスはバス、自動車は自動車と、目的地に行くまでにそれぞれに発見があるとは思いますが、自転車もまた然り。「この道とこの道ってこんな所でつながっていたんだ」とか「こっちの方が近道だったんだ」とか「こんないい店あったんだ」とか。

話は変わりますが、「ライブ」といえば、この前TOKYO FM の「The Lyfestyle MUSEUM」という、ピーター・バラカンがパーソナリティーを務める番組のポッドキャストを聴いていたら、ゲストの茂木健一郎氏が

「幼児教育でCDでモーツァルトなどを聴かせたりしますけれど、本当だったらどんなにヘタクソでもご両親が生演奏で聴かせてあげた方が脳にはいい。目の前で人間が何かをやっているってことは、脳を本気にさせますから。音楽ってやっぱり生きているってことに凄く関係していて、生きているって予想がつかない、何が起こるか判らないっていう、そういうワクワクドキドキが大事…」

っていう様なことを言っていました。
言われてみれば当たり前のことなのでしょうが、この方が言うと、妙に説得力がありますね。
今の時点では日本人選手が出走メンバーに加わるかどうかは分かりませんが、
もし正式に決まれば、1996年の今中大介以来13年振りになります。

今年ブイグテレコムに移籍した新城選手の方は、フランスのチームからフランス人選手を差し置いてツール出場するにはよっぽど何か抜きん出るものがなければ厳しいとは思うのでなんともいえませんが…

今年のツールはランスとコンタドールによる新旧エースの争い(協調?)もありそうだし、今からとても楽しみです。
この前の新谷良子のトーク&ミニライブに行ったときの事。
会場となる石丸電気には自分が着いた時点ですで整理番号を決める抽籤箱の前に200名ほどが並んでいました。
そんな中自分は見事整理番号10番台を引き当て、会場2列目の真ん中の席を選ることができ、おかげで間近で新谷良子を見れてとても嬉しかった…のですが、歌が始まるとフロアーはサイリュームで色が染まりだす中、周りを見渡すと前方の席で自分だけが用意していないことに気付き、なんだか恥ずかしくなってしまいました。「サイリュームを用意していないヤツは前にくるな」とまで言ってしまうと被害妄想になるかもしれませんが、前の方で一人手持ち無沙汰にしている自分が輪を乱している様に思えて申し訳ない気持ちになってしまいました。

4月からはいよいよツアーが始まりますが、去年行った渋谷AXで、後ろにいたヤツがジャンプする度に体重をかけてひとの背中を肘で押してきて嫌な思いをしたので、1階フロアー立ち見はもうこりごりだから今回2階席をCD先行予約の抽選に応募してみたのですが、見事にハズレました…(涙)
その後、2階立ち見の再抽選のお知らせメールがきたのですが、「立見かぁ…」って悩んでいるうちに締め切りが過ぎてしまい…(汗)よくよく考えてみたら、2階指定席でも前の列が立ってしまえば見えなくなるから立たざるをおえなくなるので同じ事なんですよね。
一般発売の日に2階席が獲れるか一応再挑戦はしてみますけれど、もうほとんど席は残っていないだろうからおそらく今回のライブには行けなくなると思います。そうなったらもうあきらめます。

2、3ヶ月前から貼ってみたブログパーツを見て、新谷良子をネタに書いた記事はほとんど読まれていないことが判ったので、これからは、よっぽど書きたくなる事がない限り、彼女をネタに書く事を控える事にしました。
自分の様なタイプが書くのも面白いかなと思って書いてきましたが、そろそろその役割も終えたかなと(勝手に役割とか言っていますが)。
そもそも読まれていないんだったらこんな事もわざわざ書く必要もなくそのままフェードアウトしても良かったのかもしれませんが、うんですよんさんのような毎回コメントをいただく方にそれでは申し訳ないと思って報告しておこうと思いました。

ちなみに、ブログパーツでたとえば4-Dやスコットランドサッカーや自転車ロードレースなどもランクに上がってはきませんが、これらは認知度が低い…っていうか他であまり話題に取り上げられないので、少しでも多くの方にお知らせしたいという気持ちと、それらが好きな僅かな方々に向けて情報を共有したいという思い(会話のやりとりをしたいという意味ではありません)があるのもあって書いています。
新谷良子の場合、キーワードを検索してみるとかなり多くの方々が話題に取り上げていて、自分がここで書き込まなくても充分情報の共有が出来るから、もう、いいのかなと。
この前 秋葉原の石丸電気で行われた新谷良子のニューアルバム購入特典トーク&ミニライブへ行くのにお茶の水駅で降りた時に、よく聴くラジオの情報番組で何度か話題に出ていて前から気になっていたあの雑誌が駅前のの交差点付近で販売されているのを見かけたので、待ち時間に読むのにもいいなというのもあって初めて買ってみました。

tbgss1.jpg

tbgss3.jpg

tbgss2.jpg


世の中では今どういうことが起こっていて、そこで人はどう考え、生きているのか…ってこんな曖昧な説明の仕方だとほとんどの雑誌がこれに当てはまるので紹介にならないのですが、自分の様なリテラシーの低い人間がヘタにこの雑誌を紹介すると変に誤解されてしまいそうになるのでこの程度でとどめておきます。もし写真を見て興味を持った方は、直接購入してみてはいかがでしょうか。特集はテーマや内容によりますが、コラムはいくつか興味深く読めました。

数日後、渋谷の道端で販売しているのをまた見つけたので、バックナンバーで興味のありそうな号を表紙だけで選び3部購入してみました。

thbgss4.jpg



例えば「UBT 19」(この日未演奏)を聴くと「シフトチェンジを頻繁に繰り返す“ファンク”という名の“ノリ物”で行くドライブ」という印象が自分の頭の中を駆け巡る様に、ここ最近の新曲は皆自分にはどこか“ドライブ感”を感じさせられてしまうんですね。
今年初となるウンベルティポ ライブの1曲目を飾った「UBT 21」や、この日初披露の「UBT 22」なんかも聴いていると「路頭に迷うドライブ」っていうんでしょうか、「難路をくぐり抜け爽快に疾走をはじめたかと思えばまた難路にハマる」といったイメージを受けてしまうんです。そう思うと「~22」の出だしから何度か現れるギターフレーズが信号機にも感じてしまうのは、自分の想像力の乏しさを露呈してしまっているでしょうか(汗)。
意外と19~22まで切れ目なく続けて聴けたら、疲れるかもしれないけれど脳内ドライブの長旅に浸れるかも(笑)。
それと「~21」は「Pheasantism(UBT 11)」にも雰囲気が似ていますね。

MCでナスノさんが「清水さんが入るとソフトマシーンみたいになる」って言ってましたけど、一昨年にも彼が参加したウンベルティポ+(プラス)でも思ったことですが、特に彼のピアノが入るとやっぱり自分にはチェンバーロックな雰囲気を感じるんですよね。それにしても清水さんのピアノ&キーボードが入るとアンサンブルに豊かさが生まれていいですね。細かい話ですけれど、例えば「D.V. Bleach」で奏でるギターの旋律に反行して追って入ってくる所なんかも音の幅が気持ちよく揺らいで、スキのないトリオの隙間を見事に交い潜っているかの様でしたし。

ドラマティックに展開していくのにいわゆるプログレの様な重苦しさは感じさせなくて、自分の中でも多分今一番好きな曲「Oil on the pan on canvas」がこの日久しぶりに演奏されて嬉しかったのですが、清水さんが途中でピアノからキーボードに手をやった時に音が出なかったのがとても残念でなりませんした。本来ならばトラブルをも受け入れるのがウンベルティポのライブの愉しみ方なのでしょうが(っていうか、トラブルなのかどうかなんて聴く側には判らなかったりもするし)、丁度アップテンポに展開する所での楽器のチェンジだっただけに、あそこでもしちゃんと鳴っていたらどんなグルーヴが生まれていたんだろうかとたらればに思いが揺さぶられてしまいます。

そういえば、おそらくこれまでに一番多く演奏されたであろう「Method of panic」の演奏後にナスノさんが「この曲は(中略)っていうよりどの曲もサグラダファミリアですから」と喩えていました。
要するにウンベルティポの曲は常に「未完成」っていうことですよね。「完成度の高い未完成」っていうんでしょうか。だからこうしてトリオ以外にも入り込む余地が見いだせるわけだし、ライブを演るごとに曲が進化していくんでしょうね。

「ニューアルバムリリースの予定は?」という会場からの質問に、「現在新曲が5曲(UBT18~22)なので、この次のツアーをやる頃には新曲をもう一曲増やして、それでレコーディングに入ると思います」という様な答えが返ってきていました。「更にもう一曲は打ち込みでお茶を濁して~」なんてコメントも。今堀さんの打ち込みは他では味わえない独特なものだから、お茶を濁すだなんて言わないで積極的に発表して、ライブとはまた違った音世界を創り上げて欲しいです。それと、今回の清水一登さんの様にアルバムにもゲストミュージシャンが沢山参加してくれると嬉しいですね。

2、3ヶ月くらい前から当ブログ内で多く読まれている記事をランキングしてくれるブログパーツを組み込んでみたのですが、ウンベルティポの記事へのアクセスが圧倒的に多くありがたく思っています。これは内容云々ではなく単にウンベルティポをネタに書いている記事が多いからだと予想も出来るのですが(本当はこんなに書くつもりじゃなかったのですが)、ほとんど書いていないのにもかかわらず外山明が現在2位に付いていることにも驚いています。それだけ外山明の情報が少ないということなのでしょうか。

いつもこんな拙い文章に付き合っていただき、本当にありがとうございます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。