音楽がいくらあっても足りない。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
好きな音楽を紹介する時、自分なりに感じたことを文章にしてブログに載せているわけなのですが、それで以前自分が思っていたことは、自分が聴いて感じたことを書いている内容って、もしかしたら間違った解釈なのではないだろうか、カン違いをブログに晒して恥をかいてしまっているのではないだろうかという不安でした。というのも、作品に対して外野がどんなに熱く語った所で、創った本人の一言で、それは全て無効になってしまうと思っていたからなんです。以前にオリジナルアルバムの初回盤には、アーティスト本人の解説は添えない方がいいと言ったことがあるのも、そういう本人による強い言葉の影響力が理由からでした。

そしてその後、そんな気持ちから解消させてくれる言葉を、批評家 佐々木敦さんのとあるインタビューからみつけました。

佐々木敦の名前は、昔から、フレッド・フリスTORTOISE等、好きなアーティストのCDを手に取ると、解説者としてよく目にしていたので、そのうち彼の名前を見付けることが、解説を読む楽しみの一つになっていました。当ブログを好んで読んでいただいているみなさんならば、きっと佐々木さんの解説は読んだことがあるのではないでしょうか。そんな彼の解説の中で特に気に入っているのが、マーク・リボーの「ドント・ブレイム・ミー」で、冒頭に

「マーク・リボーという人ほど、その魅力を言葉で語りにくいミュージシャンもいない」

という言葉で始まるのですが、最後に

「本作は実に聴き応えのある、非凡なアルバムである。その証拠に、言葉で語りにくいといいながらも、こんなに言葉を費やしてしまった。」

で締め括るんですね。これを読んで自分は、解説そのものに作品的なものを感じました。それまで自分は、解説そのものに作品性の様なものを求めるのなんてナンセンスだし、そんなもの解説としては機能しないと思っていたのですが、ここでそれが覆されました。まあ、佐々木さん本人はそんなつもりで書いたのではないでしょうし、こっちの勝手なカン違いなのかもしれないんですけれど。

そんな佐々木さんの言葉が、自分にとって説得力を持ってきている中、彼がサブパーソナリティとしても参加しているTBSラジオの番組「文化系トークラジオLife」のポッドキャストの一部で、彼がおススメする本を紹介している中に、こんなコメントがあったんです。

「批評家としてね、いろんなものを批評してきた立場として常に思うのは、物事を作った人が、作ったものに対して何を自分がしたのかを本当に全部解っているわけじゃないと思うわけ。本人自身がやったのに、本人がなぜそれをやったのか解ってない、あるいは説明しきれない部分ていうのを説明してあげるのが、批評の役割の一つだと思うわけ。」

「(気になる作者に)インタビューする機会があったらしてみたいと思うし、いろいろ訊いてみたいけれど、それで(自分にとって)何かが全部解るって思っていなくって、知りたいのは、自分の納得だから、だから、作った人が、『いやいや違う』って言っても、自分の納得の中での整合性のある、自分自身が正解だと思える答えを見付け出すためのことっていうのをやりたいと思っているから。それは、単に作った人が『こう言うつもりで作りました』っていうことを聞くだけじゃやっぱりね果たせないんですよね。そこでやっぱり批評ってものの入り込む余地があるというか…」


自分は決して一緒になって批評家気取りになっているつもりもありませんし、佐々木さんもここで、我々の様な一般人がブログなどで語っていることを同じこととして言及しているわけではないことは充分承知なのですが、これを聴いて納得させられたのは、作者本人の言葉が必ずしも全てではないっていう所で、多分、作者の方で全て解りきって生まれた作品なんて、魅力のないものなんだろうなと。そうだとするならば、自分が聴いて感じたことを書いているのも、それも一つの解釈として、アリでいいんじゃないかと。ある意味心強い言葉をいただいた様な気になりました。これも都合のいい勝手な解釈なのかもしれませんが。そもそも作品って、店頭に並んだ時点で作り手の手元を離れ、作り手だけのものではなくなり(権利とかの意味じゃなくて)、聴き手それぞれの想いなどもそこに集積されていくものだと思いますし。

勿論、技術的やデータ的なことを盛り込んで作品を語る場合、そこは正確でなければいけないのは当然なのですが。

ここで紹介した佐々木さんのコメントは、現在でも「文化系トークラジオLife」のホームページからポッドキャストで聴くことが出来ます。ここにリンクを貼っておきますので、興味のある方は聴いてみてください。

http://www.tbsradio.jp/life/cat210/

このページの、「Life番外編~佐々木さんインタビューpart2」の終わりの方で語っています。
どうでもいい話なんですけれど、ついでに言うと、ここでの聞き手の黒幕はせがわ氏の声が、今堀恒雄氏の声にソックリです。

ちなみに今堀さんの声がこちらで聴けます。

そして、その「文化系トークラジオLife」なのですが、次回の放送は、6月22日(日)の25時30分~28時(6月23日(月)午前1時30分~朝4時)で、テーマは「秋葉原無差別殺傷事件」です。当日パソコンからストリーミングで放送も聴けますし、放送された内容は後日ポッドキャストでも配信される予定です。あの事件については、みなさんもいろいろ考えさせられることがあると思います。興味のある方は、こちらもどうぞ。

http://www.tbsradio.jp/life/




【ブログ内関連記事】

>>集中力が散漫





スポンサーサイト
しかもビッグバンドモノでいうと、10年振りになります。

「Summer Fruits (and unrest)(93年) 」、「Autumn Fires (and green shoots) (94年)」、「Winter Truce (and homes blaze) (95年)」に続く、フォーシーズンシリーズの完結編。その名も

「Spring is Here...(shall we dance?)」

今作では、今までのビッグバンド「ディライトフル・プリスィピス」ではなく、「ストームチェイサー」と名のする新たなバンドを率いての録音の様です。

前作「You Live and Learn... (apparently) 」でヴォーカルを務めたスウェーデン人シンガー、ジョセフィン・リンドストラッドが今作でも全曲でフィーチャーされているみたいです。ということは、歌モノでもあるということなのかな?

迫り来る竜巻をバックに逃げ回るジャンゴとその仲間達(おそらくバンドメンバー)がアルバムのジャケットに。

sprngshrjckt.jpg


どんな音楽が飛び出すのか、今から楽しみです。

前にも同じことを書いたかもしれませんが、ジャンゴ・ベイツの音楽って、ヘンテコなんだけれど、ただヒネクレているんじゃなくて、イヤミのない上品さがあって、愉快で、楽しくて、そしてなんだか幸せな気分にさせてくれるんですよね。


ああ…いつか、自分が生きている間に、イギリスに行って、ジャンゴのビッグバンドを生で味わいたい。


因に、自分がここでハンドルネームにしています「loosecube」は、ジャンゴが80年代に在籍していたビッグバンド「LOOSE TUBES」から取ったのは、今更言うまでもありません。

どうでもいい個人的な話なんですけれど、自分は冗談抜きで、携帯電話という物をこれまで個人で持ったことがないんですね。この前日本での販売が発表された「iPhone」を購入しようかどうか迷っているんですけれど、もしケータイを持ったら、着信音はジャンゴ・ベイツの「アームチェア・マーチ」にしたいって、前から思っています。

それにしても、今年に入ってから、ウチのブログのカテゴリーにある「(日本では)知名度が低いけれどオススメなアーティスト」で紹介している4アーティストのうち、3アーティストがこれでCDをリリースしたことになります。

リリースは6月23日の予定です。



[ブログ内関連記事]

>>ジャンゴ・ベイツ

>>ジャンゴ・ベイツの動画

>>好きな曲ベスト5

>>ジャンゴ・ベイツ/ウィンター・トゥルース

>>LOOSE TUBES/LOOSE TUBES

>>HUMAN CHAIN/HUMAN CHAIN

>>HumanChain/Cashin'In!

>>ハンク・ロバーツ/リトル・モーター・ピープル
第19ステージはドキドキしましたよ。胸に手をあてたら本当にドキドキいってましたし。

2005年ジロ・デ・イタリア(以下 ジロ)第19ステージの、サヴォルデッリとシモーニによる緊迫した総合優勝争いが繰り広げる中、山岳を得意とするルハノと総合3位を争っていたディルーカの、あのあきらめない走りを観てから、すっかり彼のファンになってしまいましたが、今年の19ステージでもそんなディルーカの走りを、我々の目に焼き付かせてくれました。

ディルーカはディフェンディングチャンピオンとして今年の優勝候補の一人に挙げられていましたが、途中2度のタイムトライアルでタイムを落としてしまい、可能性が厳しくなっていました。

そんな中、この第19ステージで、これまた自分の好きな、山の下りを得意とするチームメイト、サヴォルデッリにアシストされながら、ディルーカは、ライバル達のいる集団から抜け出して、逃げ、この時総合1位だったコンタドールから21秒遅れまでタイム差を縮めるまでに至りました。

結局はそれ以降、それ以上のタイム差を縮めることは出来ず、むしろ残りのステージで失速してしまい、総合8位で今年のジロを終える事になってしまいました。

それでも、最後まであきらめない走りを見せてくれた彼には感動させられましたし、来年もまたジロの場にその勇姿を現し、総合優勝を目指す感動の走りを見せてもらいたいです。応援します!

総合優勝は、アスタナ所属のスペイン人、アルベルト・コンタドールに輝きました。去年のツール・ド・フランス(以下 ツール)でも彼は総合優勝を果たしましたが、その時は、ライバル選手達によるドーピング疑惑で途中で去って行く中での勝利だったので、ガチンコ勝負で勝ち取ったのとは違った分、真の覇者という感じが正直しませんでした。しかし今回のジロ総合優勝により真の実力が証明された印象を受けました。今年のツールは、彼はディフェンディングチャンピオンであるのにも関わらず、チームが招待されないため出場出来ませんが、9月に行われるもう一つのグランツール、ブエルタ・ア・エスパーニャでも総合優勝争いの一角に食い込む走りが期待出来そうで、楽しみです。あ、でも、自分はバルベルデを応援しますけれどね(笑)。

他にもセッラのステージ3勝と山岳賞をモノにした快進撃や、フォイクトの逃げ、ベッティーニのもどかしさなど、印象に残るシーンはいくつもあったのですが、文がうまくまとめられず放ったらかしにしていたら、余計まとめられなくなってしまいました(汗)。時間おかず興奮冷めやまないうちに書かないと、こう言うのはダメですね(苦笑)。

さて、今週末からはツールの前哨戦の一つとも言われています、「ツール・ド・スイス」が開催されます。レースも勿論注目なんですけれど、選手達の走り抜けて行く景色が毎年美しいんですよね。好きなレースです。今、スイスではオーストリアとともにサッカー EURO2008の現地開催で盛り上がっていますが、こちらも注目です。

voigtcipo.jpg




写真は、第18ステージでのフォイクトの逃げを見守るチポッリーニ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。