音楽がいくらあっても足りない。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もし「アニメソング~インスト部門」なるランキングが存在するならば、「ルパン三世」「カウボーイビバップ」に続き、「トライガン」のオープニングテーマ「H.T」が上位に上げられてもおかしくないと思います。このツェッペリン風とも言えるロック調のカッコいい曲が、今堀恒雄によるものだということは、ウンベルティポのファンの方だったらご存知でしょう。

その「H.T」ですが、YouTubeを見ていると、多くの方がこの曲の演奏に挑戦していて、その姿をうかがえることが出来ます。中でも海外在住と思われる方によるものが多くありまして、ここでそれらをいくつかピックアップしてみました。

その前にまずは、今堀オリジナルの「H.T」を↓



この曲を挑戦されている方々↓







これほど海外で好んで演奏されているってことは、アニメを通してとはいえ、海外でも割りと多くの人がこの曲を耳にしているってことですよね。これを逆に日本の立場に例えるとどういう感覚になるんでしょう?「ミッション・イン・ポッシブル」とまではいかなくとも、「ビバヒル」のテーマソングぐらいにはなるのでしょうか?ちょっと違うか…(笑)

ちなみに自分はこの曲は弾いてみたことがありませんので弾けませんが、同じ「トライガン」でも、「セカンド・ドーナッツ」に収録の「Nerve Rack」なら弾いてみたことがあります。その曲は、「E♯9th(シャープナインス、通称ジミヘンコード)」をほとんどかき鳴らせていればいいので、今堀作品の中でも比較的簡単だと思います。

ちなみにコレ↓

eshrpnnth.jpg



もう一つちなみに、「H.T」が好きな方には、この前のエントリーに貼った3つ目の映像の曲も凄くオススメ。
スポンサーサイト
mhrtsnyshdttsylv080215.jpg


ライヴではアルバム程やかましさが凝縮されているわけでもなくて、インプロの様なインターバルがあるから、聴く側が構えなくとも音の波に乗る事が出来ました(笑)。しかし油断していたら音の洪水は聴く側に何度も押し迫ってきて、その度呑み込まれてしまっていたわけなのですが(笑)。

オクタパッド(かどこか)から放たれる、あらかじめ仕込んであった音のサンプル群が攻撃的な生演奏の中を飛び交い、まるで現実と仮想現実が交差するかの様なトリップ感でした。そんなところから、かつてライヴでテープを操りながら演奏をしていたディス・ヒートが思い浮かんだりもしました。そういえば、アルバム制作に依るデータの「やり取り」にも、ラスカル・リポーターズのテープ・バイ・メールが頭をよぎりましたし。

その「やり取り」の事でMCで言っていたのですが、前作「Territory」に収録の「Language Pollution(この日アンコールで演奏)」でのデータのやり取りで、吉田氏は7/8拍子で解釈していたのに対して、今堀氏は3拍子で解釈して進行していったそうな。

メインのスネアの脇に、スコーンと抜けのいい、チューニングを軽めにしたスネア(口径も小さめだったかも。よく見えませんでした)が設置してあって、それを使い分けるドラミングがこれまた気持ち良かった。

サポートのナスノさんいてくれて良かった。ボトムからうねるベースが2人の演奏を押し上げてくれていました。MCでもなごみトークでサポートしてくれていました。そのMCで言っていましたが、子供の頃、吉田氏は体操の選手、今堀氏は競輪の選手、ナスノ氏はガソリンスタンドの店員になりたかったんだとか(笑)。

今堀ギターは、クールに、スマートに、過激でした。
mhrtsnoshdttsydts.jpg


悪夢再び(笑)

とにかくやかましい(笑)

オーディオのピークメーターを覗くと、ほとんど振り切りっ放し状態(笑)

気の休まる暇がない(笑)

聴いていいて疲れる(笑)

聴く側に体力が要求される(笑)

翌朝どうしても起きなくちゃならない時に、このアルバムをタイマー再生すればスッキリ目が覚めるかも(笑)その後の体調は補償出来ませんが(笑)

やかましいといっても闇雲にというわけではなく、緻密に構成されていて、その緻密さが1曲毎に凝縮され、そしてそれすらも(インパクトの)サンプル集の様にも捉えられ(今作の曲名がまたサンプルっぽい)、更なる(脳内)リミックスが展開出来そうな、進化性を感じさたりも。矛盾するけれど(笑)

個人的には、「原子心毋」をモチーフとした、いかにもプログレ※な「mothers」は、余り好みではありませんでした。プロセスを読んでなるほどなとは思ったけれど。


※これは自分個人の持っているプログレ観なので、どこがどう「いかにも」なのかは、上手く説明出来ず恐縮です。
自分みたいな一般人のオッサンにしてみたら、キャンパスに足を踏み入れる機会なんてそんな滅多にあるものではありません。なんか神聖なる領域って感じで部外者は近寄れない…みたいな(笑)。個人的にキャンパスへは去年、高田さんの作品を観にムサビに行って以来になります。大昔にとある大学の音楽サークルの学園祭のための演奏のお手伝いで何度か足を運んだ事もありましたっけ…と、自分の話はこれくらいにしておいて。

音楽室といっても多目的な教室の一室みたいな部屋で、床の跳ね返りの強い“鳴り”が、体育館ほどではありませんが、あれに近く、どちらかというと生音向きでPA向きではありませんでしたが、いつもと違った環境でウンベルティポ・トリオが聴けるだけでも楽しみでしたのでOKでした。それに、「重力の虹」での今堀氏の囁く様なギターはかえって気持ち良く響いていましたし。でもやっぱりベース音は全体的に回っちゃっていつもより芯が掴み難かったかな。そういえば、いつもよりエフェクターを駆使していなかった様にも思えましたが、そういった部屋鳴りを配慮してだったのでしょうか。かえってああいう回る部屋で使いまくってくれた方がカオティックになって面白かったと思うんですけれどね。単にエフェクターの調子が悪かっただけだったのかもしれませんが(何度も気にしていた)。

エフェクターといえば、今堀氏のシステムに鍵盤が復活していましたね。前はサンプリング音を生演奏に絡める比率が割と高かったんですけれど、その必要性がなくなってきたのか、ここ最近は鍵盤が見当たりませんでした。単にトリガーを鍵盤にしていなかっただけなのかもしれませんが。

ここからはMCからの情報を。

ライヴアルバムは、収録時間が漏れたため検討した結果、2枚(2種類)に分けてリリースする事にしたそうです。

次のツアーは、5月下旬~6月の中旬辺りを予定しているそうです。ライヴアルバムはそのツアーで販売を開始する予定だそうです。

ライヴアルバムは、ライヴ会場限定販売にする予定だそうです。ライブ盤とは言えど、ライブならではの広いダイナミクスは圧縮されてしまうため、やっぱり生でないとダイナミクスまでは伝わらないからが理由だそうな。気持ちは分るんですけれど、遠くにお住まいでなかなかライヴ会場に足を運べない方々のためにも、ライヴ盤で少しでもライヴ感を味わっていただくために一般販売をしてもいいのになと個人的には思うんですけれどね。

ナスノ氏は先日、来日したマイク・ケネリーと共演をした際に、「PHEASANTISM」をナスノ資料として聴かせた所、えらく気に入り、プレイヤー誌のインタビューで彼がこのアルバムを推薦してくれたそうです。また、ザッパの「ブラック・ページ」も今回演奏したらしく、ドゥイージルのお付きで来ていたギブソンの人に絶賛されたとか。ナスノ氏曰く「ザッパの曲よりも今堀君の曲の方が難しい」との事。

ナスノ氏が佐野氏にドラムについて語ってもらおうと一生懸命振るんだけれど、どうも上手く引き出せていない感が(笑)

「一つの事を長く続けるコツは?」(ナスノ)

「他に興味が無かったから」(佐野)

「ドラムの魅力は?」(ナスノ)

「他の楽器より安い所」(佐野)

「そんなことないだろう」(ナスノ)

「痴話ゲンカになってる」(今堀)

「(ドラムの魅力は)他の楽器よりもスペースが占領出来る所」(佐野)

思い出しながら書いているので正確ではありませんが、まあ大体こんな会話でした。

5月下旬までトリオとしてのライヴの予定は無く3ヶ月もおあずけ状態になってしまい寂しい所ですが、今堀恒雄・吉田達也+ナスノミツルのライヴがいよいよ間近にせまってきて、ニューアルバム共々、こちらも楽しみです。

そういえば、昨日今日と関西で4-D mode 1とD-DAYがライヴ演っているんだよなぁ。
ウチのWARPの後輪のブレーキが効かなくなってきたのでブレーキシューを換えなきゃなと思って替えのブレーキシューは買っておいたものの、いつかやろうと思ってずっとやっていなくて今日やっと交換しました。そしたらこんなにすり減っていた(汗)

brkshkkn.jpg


うまく写せてなくて判りにくいけれど、ここまで減っているとは…。

WARPを乗り始めてから丁度2年経ち、後輪のブレーキシューは、これで2度目(厳密に言うと、前輪のを交換するのに後輪のを前輪に付け、新しいのを後輪に付けた事もあるから3度目)になるけれど、減るのが早いなぁ。今はサイクルメーターを付けていないからおおよそになりますが、1ヶ月に500kmくらいしか走っていないんですけれどね。ブレーキングがヘタクソって事か…(苦笑)
ちなみに帰りとか途中で降られるのを除いて、雨の日は自分は乗りません。

話は変わるけれど、明日、東大駒場キャンパスのコミュニケーション・プラザでウンベルティポのライヴがあるので自転車で行こうかと思っていたのに、雪が降るらしいから電車になりそう。電車だと渋谷まで出なくちゃならないんだよなぁ。自転車だったら家から20分かからないくらいで直接行けるのに。まあ、電車も乗っている間が20分くらいだからあんまり変わらないけれど。
「超絶技巧」とか「変態」などのキーワードを思い浮かばせるスウェーデン発の2人組「マッツ/モルガン」(と、そのバンド)。個人的には、彼らの放つサウンドには、語感的にも「ハチャメチャ」という言葉を使いたくなります。

htbtslv.jpgそんな更なるハチャメチャさが期待出来そうなニューアルバム「HEAT BEATS LIVE」が、キュニフォームからリリースされます。今作はライブアルバムなのですが、特に嬉しいのが、「TOURBOOK 1991-2007」とタイトルするDVDが付いている事。モルガンと彼をとりまく仲間達のハチャメチャ振りが映像付きで味わえるわけです!

マッツ/モルガンに関する日本語での情報はいつもごく僅かなため、自分は日本語解説付き発売予定の2月22日まで楽しみに待ちたいと思います。

そして今回発売されるDVDの方のダイジェスト映像がYouTubeに上がっていましたのでここに貼っておきます。



これを観ていると増々本編が観たくてたまりません。

ついでに彼らの他の映像も。現地のTV番組用に演奏されたものです。ハチャメチャ振りをご覧あれ。同じ音源が「ON AIR WITH GUESTS」とタイトルするCDにも収録されています。個人的にはこの曲、急いでどんでんしなくちゃならない時にかけてみ
たい(笑)。

onrwgsts.jpg



更にもう一つ。モルガンの弟、ジミーのソロの曲を兄モルガンと共演している映像を。ブルースロック調のカッコいい曲です。この曲はマッツ/モルガンで来日した際にもアンコールでも披露してくれました。この音源も「ON AIR~」に収録されています。



年明けてから早々(といってももう2月だけれど…)、自分の好きなアーティスト達が次々と新作をリリースしてくれるので喜ばしい限りです。
hndrdsghtsfknjrmx.jpg


以前紹介したジェイムス・ブラッド・ウルマーの「アー・ユー・グラッド・トゥ・ビー・イン・アメリカ」のCD盤で、時代を経てリミキシングされる事により、オリジナル盤のリリースされた当時の時代の空気感が削がれた感じがすると言った事があります。この度再発された高円寺百景の名盤「1st」もいわゆるその“リミキシング盤(「リミックス」というと、現在に多くある極端に作風の違った楽曲を想像してしまうので、ここでは敢えてこういう変な呼び方にします)”になり、しかもドラムパートは録り直しというから、その演奏だけでなく、チューニングからもオリジナル盤との空気感の時差を感じる事が出来ます。まあ、そう思うのは、事前情報による先入観で聴くからだし、そんな所を気にするんだったら、近年続々とリリースされる「リマスタリング」にだって「(テクノロジーも含めた)流行り」はあるはずで、そこでも空気感は多少とも違ってくるわけなのだから、時代がどうであろうとそれが面白ければそれでいいわけなのですが、1stが大好きでよく聴いていた自分にとっては、今回のリミキシング盤との「違い」にどうも耳が行ってしまいます。

オリジナル盤のコンプくささとはまた違った、ゲインを上げて潰した様な荒削りな質感を感じると共に、音圧に重みがあります。それにより個々の放つ音が一つに固まって迫ってくるかと思えば、音圧に埋もれているかの様にも聞こえたりします。ドラムの録り直しもあってか、オリジナル盤の方が滑らかさを感じ、同じテンポな筈なのに、スピード感も多少違って聞こえてきます。この作品本来の持つパワーを全身で浴びるのならリミキシング盤、個々の演奏(細部)を噛みしめながら聴くのならオリジナル盤といった所になるんでしょうか。

「ボキボキ!」の部分の声がリミキシング盤で省かれていたのは残念。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。