音楽がいくらあっても足りない。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今月の「好きなレコジャケ」は、ラウンジ・リザーズがフィーチャーされた、テオ・マセロの「FUSION」です。

fsnjkt.jpg


「FUSION」といっても、音の方はあのフュージョンではなく、シンフォニーとフリージャズが融合されたものです。

このアルバムはCDでもリリースされているのですが、素っ気ないジャケに変わってしまっているのが残念です。

fsncdjkt.jpg


数年前に見た通販カタログに載っていたレコードラックに、なぜかこの「FUSION」が飾られていて、沢山存在するレコジャケの中からなんでこれ?と思いながらも珍しいので切り抜いてとっておきました。下の方にはラウンジ・リザーズの「BIG HEART」のレコードも。

rcrdlck.jpg
スポンサーサイト
ケヴ・ホッパーのウェブサイトで彼のこれまでのソロ作品がMP3でフリーダウンロード可能なって、自分は2作品(計13曲)ダウンロードしたためその分のお金を振り込もうと決めた時に、MP3という形の無いものに価値を付けることと、聴く側で値段を決めなきゃならないことに慣れていないため、いくらにするかとまどいました。とりあえずいつも買っているCDの値段を基準に日本円にして約5千円を振り込んだわけなのですが、CDって別に売り上げ全てがアーティストにいっているわけじゃないんだから、そのままあてはめるのもおかしいっていえばおかしいんですよね。

自分は今までMP3にはどうも抵抗感があって、プレイヤーだってつい3ヶ月前にやっと買ったばかりなんです。音質がCDより…っていうのもそうなんですけれど、形の見えないMP3に作品の価値は感じても、商品としての価値がいまひとつ感じられませんでした。なんかニセモノくさく思えてしまうっていうか。

自分はレンタルレコード世代です。子供の小遣いではレコードなんてそんな何枚も買えるものではありませんでしたから、レンタルレコードは重宝しました。なので自分もかつてそこで似た様な価値観を経験しているはずなのですが、大人になってからその頃レンタルしていたCDやレコードを買い直すことで、手に入れた喜びとともに逆に形あるものへの価値を感じる様になっていったんです。

ジャケットアート等、パッケージも含めたトータルの作品観っていうのも理由に出来るとは思いますが、そこを抜きに考えると、単に(正式の)盤として形になっていることと、CDのオーディオフォーマットに安心感を覚えているだけなのがわかってきました。いつまでもそんな所に価値観を持っていると、音楽本来の楽しみ方を見失うのではないかと。

その点、今の若い人達は物心ついた頃からMP3があったわけだから、何の抵抗もなく適応出来るんでしょうね。

[追記]


別に誰かに指摘されたわけではないのですが、読み返してみたら、最後の一言がなんか若者に直接訊いたわけでもないのに決めつけたような書き方をしていて失礼だなと思ったので、ここで撤回します。失礼しました。
これまでリリースしたソロアルバムの曲全てをフリーダウンロード可能にしました!

なんと思い切った事を。

ただし曲を聴いて気に入ったならば、あなたの評価額でお金を振り込んでくれるとありがたいみたいな事が書いてあります。

まるでレディオ・ヘッドの新作の様なやり方ですね。

自分は、自分が聴いたことのない2作品(13曲)をダウンロードし、日本円にして約5千円を振り込みました。

それだけケヴの曲を評価しているという気持ちと、日本人はケチだと思われたくない見栄みたいなのも込めてこの評価額にしました。

その後ケヴからお礼のメールもきましたよ。

とにかく!このありがたい機会にぜひ多くの方々にケヴ・ホッパーの不思議な音楽を体験してもらいたいです。

今では入手困難なウチのブログでも紹介している「Stolen Jewels」が特にオススメです。

ケヴ・ホッパーのサイトはこちら

http://www.spoombung.co.uk/


[ブログ内関連記事]

>>スタンプ

>>スタンプのPV

>> 祝!スタンプの「A FIERCE PANCAKE」がCD再発

>>やっとキター!!

>>KEV HOPPER/stolen jewels
…なんですけれど、本当は手元にCDが届いてからこのことを書くつもりでいたのですが、「商品の調達が遅れてます」とアマゾンからメールが来たため、当分届かなそうなので待たずに書くことにしました。

「A FIERCE PANCAKE」は、88年にCDでもリリースされました。今回はその当時リリースされたUK盤、US盤のCDを比べてみたいと思います。尚、写真は塩ビ製のケースですが、元々はプラケースでした。

01010002.jpg
01010003.jpg


UK盤とUS盤は曲が1曲入れ替わっていまして、UK盤が「EAGER BEREAVER」の所、US盤は「BUFFALO 」になっています。「BUFFALO」は「A FIERCE ~」の前にリリースされたミニアルバム「QUIRK OUT」に収録されているのと同テイクです。後にシングルカットもされました。

UK盤はメンバーの顔が1ページ毎に載せられているのですが、US盤では4人ひとページにまとめて載せられています。

01010005.jpg

この写真は両方一緒ですね。

01010006.jpg

盤面はこのような違いです。

01010007.jpg


以上が88年にリリースされたCDの違いですが、今回再発されるCDはアマゾンに記載されている曲目を見る限り88年のUS盤と同じ内容のようです。
ためしにUKのアマゾンはどうだろうと覗いてみたら、こちらはなんと!2枚組仕様になっていて、「QUIRK OUT」をはじめとするミニアルバムやシングルB面収録曲等、これまでCD化されたことのない曲がボーナストラックとして曲目に記されているではないですか!これはぜひ欲しい!ということでUKのアマゾンでも注文をしました…が、「出荷予定日が12月」との通知が。本当に発売されるのだろうか…。

YouTubeでは「BUFFALO」のPVが見れますが、また最近違う曲のライヴ映像が上がっていたので、それを貼っておきます。



話は変わりますが、リアル・フィッシュのBOXが発売されますね。こちらも楽しみです。

[ブログ内関連記事]

>>スタンプ

>>スタンプのPV

>> 祝!スタンプの「A FIERCE PANCAKE」がCD再発

>>元スタンプのベーシスト、ケヴ・ホッパーが自身のサイトで…

>>やっとキター!!

>>KEV HOPPER/stolen jewels

昨日たまたま見たTV番組「くちコミ☆ジョニー!」内のコーナー「先乗りジョニー」で紹介していたのですが、巷では今「工場萌え」「ダム萌え」「団地萌え」なるものが存在し、専門の本もバカ売れしているそうな。

「工場萌え」は、インダストリアル系が好きな人にとってもそそられるものがあるから気持ちが解るし、
「ダム萌え」は、自分も自転車で故郷に帰る時にはダムを見るために遠回りして立ち寄るのでこれも気持ちが解ります。
しかし「団地萌え」なるものがあるとは…
なんでも「~型」という1960年代に建設された、上から見ると三ツ矢サイダーのマークみたいな形をした団地が人気なんだとか(すいません、名前忘れました)。

その番組での紹介はありませんでしたが、以前に本屋で廃墟ばかりを撮った写真集を見たことがあるので、「廃墟萌え」なんてのも存在するんでしょうね。これもデカダンスとしてそそられるのは解りますが。

それにしても、チャド・マレーンって、ミハエル・シューマッハーにそっくり。
最近ベスト盤が出たから今回はBOOWYにしようかと思っていたのですが、急遽変更してここ数日でPerfumeにすっかりハマってしまったので、この勢いで、知って間もないPerfumeでいってみようと思います。

「ポリリズム」でハマったからといって他の曲はそうでもないだろうなと思っていたら、意外といい曲が多いのに驚かされます。



prfm1.jpg1.ポリリズム

シングル



prfm2.jpg2.チョコレイト・ディスコ

「ファン・サーヴィス[sweet]」に収録




prfm3.jpg3.コンピューターシティ

「Perfume~Complete Best~」に収録




prfm3.jpg4.エレクトロワールド

「Perfume~Complete Best~」に収録





prfm4.jpg5.ジェニーはご機嫌ななめ

「スウィートドーナッツ」に収録




例えば「ポリリズム」なんかは、“ポリリズム”という、同じ時間軸の中に複数の拍子が混在する様子から、お互い常に繋がっている事は出来ないけれど、繋がる瞬間は必ずめぐってきて、でもそれがわずかでしかない事への切なさを感じさせます(CMのリサイクルに引っ掛けているのも承知ですが)。この様にPerfumeは切なくていい曲が結構あります。

「チョコレイト・ディスコ」なんかにみられる、わかり易いキーワードをひたすら繰り返すシンプルさなんか、ある意味、テクノの神様、KRAFTWERKにも通ずる、テクノポップの神髄を貫いているようにも感じられます(すいませんこじ付けました)。

[追記]2007.10.20


Perfumeって、アウトロなくいきなり終わる曲が多いのですが、ここにもかつてのDEVOや、「ヴェリー・フェイマス・ユキヒロ・エンディング」の様なテクノポップさを感じさせます…と、もう一つこじ付けておきます(笑)。
自分は雨の日以外は自転車で通勤する事が多いのですが、そうすると時間帯によっては集団で登下校する小学生達をみかけます。みな防犯ブザーを首にぶら下げ、保護者(?)の方々が通学路の所々で子供達を見守り、校門の前には警備員が立っています。ここ近年の幼児誘拐殺害事件の多発で子供達が守られています。自分の様なオッサンはヘタに子供達に声をかけられません。この調子だと、OBだからといって自分の母校の門も気軽にくぐれないんでしょうね。

思えば中学時代、自分は夜更かし野郎で朝起きれなくてよく遅刻していました。あまりにも遅刻がひどかったので、一度担任の先生に「学校に泊まってろ」って冗談で言われた事があるのですが、それも面白いなと思って一度だけ一人で夜中に学校に泊まりにいった事があるんです。さすがに夜の校舎は真っ暗で怖かったので、体育倉庫で寝るつもりでいたのですが、蚊が多くてとても寝られる状態じゃなかったので、しょうがなく暗い校舎に入って教室で寝ました。消火栓の赤ランプが不気味だった事を覚えています。

…って、ここで自分の過去の非常識を晒したいのではなく、それくらい、昔の学校は無防備だったなぁ…って事を今の小学生の登下校を見ていてふと思い出しました。のら犬も普通に学校に住んでいましたからね。ペットみたいに。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。