音楽がいくらあっても足りない。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日のドイツW杯での日本代表のグループリーグ敗退が決まったブラジル戦。試合終了のホイッスルが鳴った後、中田は仰向けに倒れ、こらえる涙をブラジル選手と交換したユニフォームで覆っていた姿が映し出されました。あれを観た日本国民はみんな心打たれたと思います。自分も心打たれました。この大会での日本代表、中田が一番走っていたし、一番闘う意欲が強く感じられました。選手として世界に対抗出来るだけの力が彼にはあったと思います。しかし彼1人だけの力ではどうする事も出来ませんでした。彼が自らお手本を示すかの様に働いても、周りがついて来れませんでした。それはある意味しょうがないのかなと思う所もあるのですが、ただ中田には、1つ思う事があるんです。

彼はいわば何をすればいいか分かる人間、出来る人間です。
出来る人間にとって出来ない人間を見ると、なんでそんな事も出来ないんだと理解し難くなると思います。それはやがてイライラになり、呆れ、相手を見下す事になって行くと思うんです。
彼は他の選手の不甲斐のなさに、どこかでそんな気持ちがあったのではないのでしょうか。
世の中はそんなに甘くない、見下されて人は強くなって行くもの…それも一理あるかもしれません。しかしそれだけでは人と上手くやって行くのには限界があると思うんです。

選手達の内情も知らないくせに何わかった様な事を言うんだと思われるかもしれませんが、自分には中田のマスコミに対する応え方からもそう見えてくるんです。
これに関しては、彼は以前マスコミに裏切られた経験から信用を失っているのも理由にはあるのでしょうが、「私の話を聞いていましたか?」の発言も中田の言い方は相手を見下した様に聞こえるのです。これが例えばオシムが同じ事を言うと相手に対しての対等な気持ちが感じられるんです。選手と監督では立場上比較するのは筋違いだろとここで思われるかもしれませんが、人と接する人同士としての比較なので言わせてください。

要するに見下した気持ちで接しては人はついてこない、(上下の関係はあったとしても)対等な気持ちで接すれば人はついてくるという事です。対等な気持ちで接すれば、相手の良い所も引き出せるのです。

今回中田と他の選手とのギャップが埋まらなかったのは、そこに理由があるんじゃないかと思うんです。

ただ今回のW杯、ピッチ上での中田は同じ日本人として誇らしかったですし、彼がいなかったら恥ずかしい代表になっていたと思います。彼を責める気持は全然ありません。ただ今回の日本代表には、いろんな意味で考えさせられるなぁと思っただけです。

話は変わって、オシムがW杯直前のインタビューで「サッカーというのは、バランスを保つために水を運ぶ役割をする選手が必要」と応えたコメントがありましたが、“水を運ぶ”とは何を意味するのか?バケツリレーに例えているのか?はたまた水がこぼれない位に慎重にボールを運ぶということなのか?などと疑問に思った方もいたかもしれません。これは自転車ロードレースの選手に例えているんです。オシムがこれを例に出すという事は、それだけヨーロッパでの自転車ロードレースの認知度は高いんだなと、勝手に思ってしまいました。
スポンサーサイト
(サッカー好きではない方も読んでいただいている事を前提に)ここを読んでいただいている皆さんはイビチャ・オシムという男をご存知でしょうか?

イヴィツァ・オシムは、現在日本のジェフ千葉を指揮する監督です。
自分はジェフサポーターではありませんが、そんな自分でも今オシムには興味があります。

オシムとはいったいどんな人物なのか、知らない方のためにまずそこから説明したい所なのですが、それだけで文字数が多くなってしまうので、もしここを読んで興味を持っていただけましたら、ウィキペディア辺りを引いてみてください。

ドイツW杯が開催される数日前に、職場の後輩(ジェフサポーター)から「オシムの言葉」という本を借りて読みました。
これを読んでまず驚いたのは、彼程の実績を持ち、これ程までに選手、サポーターから敬愛される名将はいないんじゃないかって人が、奇跡的にもこの極東の地のクラブチームを指揮している事です。

そしてこの監督に信じてついていけば、チームは必ず成長し、成績もついてきます。実際ジェフでも去年ナビスコカップを優勝するという、チーム初タイトルを獲得しました。

オシムを語る際に「オシム語録」と呼ばれるいくつもの名言が上げられますが、彼の言葉にはいつも何か考えさせられる問題提起の様なものが含まれています。また気の利いたジョークが込められる事もあります。どちらにしても、彼の言葉には相手、その場への思いやりや配慮が感じられるのです。それが例え敵に対してでも。
海外サッカーですとプレス会見での発言はライバルチームとの心理戦になる事はよくあります。しかしこの国ではそれはあまり効果的ではないので、もしかしたらそれも理由にあるかもしれませんが、彼は相手を貶す事はほとんどしません。またインタビュアーがもし的の外れた質問をしたとしても感情的に怒るのではなく“叱り”の様なものが込められたコメントを返します。それも相手を決して見下すのではなく対等な立場で。そんな紳士で粋な人柄からプレスからも好感が持たれています。

先日ドイツW杯で日本代表がブラジルに敗退した後におこなったプレス会見でのジーコのコメントを聞いたのですが、ガッカリしました。それじゃこれまで4年間一緒に戦ってきたのはなんだったんだよって言いたくなりますよ。言われなくたって分かっている様な事を監督の立場の人間がそれ言っちゃダメだろうって。おそらくオシムが監督だったらあんな言い方はしないと思います。思いやりや配慮のあるコメントは、選手達のやる気のモチベーションにも繋がるのですから。(甘い言葉とは違います。ちなみに。)

そういえば次期日本代表監督候補にオシムの名前が一部で上がっているようですね。自分もぜひオシムジャパンは見てみたいとは思うのですが、可能性は低いでしょうね。今の協会の体制じゃ。年齢もあるし。日本のクラブで指揮を執っているのでさえ奇跡的なのに。

…なんていかにもオシムに詳しそうに語っていますが、自分は「オシムの言葉」を読んで彼の人間としての魅力を知ったニワカ野郎です。そんな自分にもオシムの事を語らせたくなる位にこの本は読み応えがあります。
そして借りて読んだ身で失礼ですが、オシムが育った現地にまで足を運び深い取材を行い、執筆し、私達にその魅力を伝えてくれた木村 元彦氏には感謝したいと思います。

そして自分もオシムが指揮するジェフの試合を今度観に行こうと思っています。
一昨日、渋谷のアップリンク・ファクトリーにて「OVERCOMING」「マイヨジョーヌへの挑戦」という、ツール・ド・フランス(以下ツール)に挑む選手、スタッフ達を追ったドキュメンタリーフィルムを観に行きました。この日は、2000年からツールを現地で取材しているジャーナリスト、土肥志穂さんのトークもありました。

overcoming1.jpg自分は映画ネタは普段このブログでは書き込みません。理由は>「映画パンフの山」の頁で説明しましたが、映画を見る時にブログにどう書こうか頭で考えながらになりそうなので、楽しめなくなるからというのも一つの理由です。
ただ今回のは自分の好きな自転車ロードレースネタですし、ドキュメントだからネタバレもあまり気にしなくていいので、書き込む事にしました。

アップリンクはインディペンデント映画を主に上映するミニシアターですが、場所が移転してから自分は初めて行きました。

自転車ロードレース関連の映画ですと、数年前に「茄子 アンダルシアの夏」という、日本のアニメーションがありましたが、普段のレース中継では見えにくいチームの戦略遂行、選手間の駆け引き、心理描写などがリアルに表現されていて、自転車ロードレースの面白さがとても分かり易く描かれていました(自転車以外の要素もこの映画には面白さがあるのですが)。
今回の映画はよっぽどの映画好きかドキュメント好きでもない限り(要するに違う見方が出来る人)、自転車ロードレースの予備知識がない人には面白さが伝わりにくいかもしれません。その代わり自転車ロードレースを知っている人にとってはとても楽しめる映画だと思います。
やはりレース中継だけでは知る事の出来ない、選手の素顔やスタッフとの信頼関係、レースに秘められた実情が垣間見れます。

TVが普及していない時代における映画ならまだしも、ドキュメンタリー“フィルム”なだけに、観客に足を運ばせるためにはそれなりの作品としてのクオリティーが要求されてくると思うのですが、緊迫した状況、限られた条件の中でカメラはとても効果的に回っていましたし、編集も変にこり過ぎて何を伝えたいのかが分からないものには決してなっていなく、かといってただの記録映画には終わらせない、質の高さがありました。

それにしても普段からレースの解説の中で栗村監督が言っていますが、自転車の監督って本当に大変な仕事なんですね。過酷なレースの中、選手達は過剰にストレスが溜まっていて、監督はそれを受け止める役目もするんですよ。愚痴を聞いてあげたりして。
で、監督もまた人間ですから、やはり悩んだり落ち込んだりするわけです。そういう時は今度はマッサージャーやスタッフが監督の話を聞いてあげるんです。ホント、信頼関係なくしてはチームは成り立たないんだなとひしひしと伝わってきます。

そんなチームの内情を見せられてしまうと、今年のジロでのバッソの驚異的な強さに対して「つまんない」と軽々しく発言してしまった事に対して申し訳なく思ってしまいました。

あと選手達と関係ない所では、日本の中継ではあまり映る事の無い、「ロンソームストーンガッ」って雄叫びをあげる名物実況のダニエル・マンジェスさんがよく映ってたのが個人的にはちょっと嬉しかったですね。欲を言えば悪魔おじさんも見たかったかな(笑)。

土肥志穂さんのトークのコーナーでは、今回の映画のあのセリフ、あの映像は何を意味していたのか?の解説があり、残りの時間は今年のツールの予想話をしてくれて、ご自身の著書のツールについての本の宣伝はほとんどしていませんでした。いい人だ(笑)
パンフレットの土肥さんのコメントも読みましたが、屈辱感を味わいながらも取材を続ける情熱、そこまでツールは魅せられるのだという彼女の想いが伝わってきました。

余談ですが、自転車ロードレースって、監督がチームカーを自ら運転しながら指揮するじゃないですか。あれ見ると監督も一緒に戦っているんだって思えて凄く好きなんですよね。
サッカーW杯ドイツ開催 + ヤン・ウルリッヒのスール・ド・スイスでの総合優勝を祝って(ただのこじ付けです)、ここでドイツものを一つ。

A.K.KLOSOWSKI/PYROLATOR/HOME TAPING IS KILLING MUSIC

akpyr.jpg85年、サンプラーが楽器の中でもてはやされてきた時期に、あえて(ってわけでもないのでしょうが)コンパクトカセットプレイヤー8台を繋げたマシーンを使ってコラージュしたA.K.クロゾフスキーと、デア・プランのピロレーターによるコラボアルバムです。

ジミヘンのギター等の音楽ネタや、人の会話等をネタにコラージュしていますが、コラージュといっても混沌としたものにはなっておらず、ユーモアがあります。ピロレーターの放つ音の方も、これの前にリリースされた自身のソロ「ワンダーランド」に似た、カワイらしいユーモア路線ですね。ただ「ワンダー~」よりも幾分かビートが効いています。7曲目なんかは、立花ハジメの「XP41」にも似た雰囲気を感じます。また、A.K.クロゾフスキーのコラージュする音に溶け込む様にピロレーターの方も音質を下げていますね。

A.K.クロゾフスキーの機材にはデジタルサンプラーでは表せない独特なニュアンスがあるだとか、もしくはデジタルサンプラーがなくても身近で手頃な機材で駆使すれば似た様な事は出来るだとか、どういう狙いがあるのかは正直言うと自分にはよく判りませんでした。(リリース当時に聴いていればもう少し判ったのかもしれませんが)ただこういうのは、創作機材で作品を作ったと言う“プロセス”に意味があるのだと思います。それによって曲作りのインスピレーションにも繋がるのだと思いますし。ただしリスナーにとってはCDという“結果”の中でしか判断する事が出来ない為、想像は出来てもプロセスは伝わりません。そうした場合、インナーにこの様な実際使用した機材の写真を載せる事はこの手の作品には有効になってくるのだと思います。
klosowkyset.jpg

そういえば立花ハジメも、オブジェ的な楽器を創作したりして、似た様な事をやってましたよね。
binkyboy.jpg新宿のディスクユニオンで500円位で売られていた位だから(しかも新品で)、そんなに評価の高くないアルバムなのかもしれませんが、自分はこのアルバム結構好きです。

ドクター・ナーヴのニック・ディドコフスキーによる97年リリースのギターソロアルバムです。

ドクター・ナーヴは自分は初期の変拍子ファンクの頃は好きでしたが、それ以降のは変拍子にクドさを感じてしまいダメでした。クドさは初期からあるのですが、まだ珍しさが有りました。しかしそれ以降はギターがメタル風な変化があるものの、そのワンパターンさからバンドに限界を感じました。

ドクター・ナーヴはその複雑な曲構成から高度なテクニックを要するバンドでした。なのでこのソロアルバムもニックによる高度なテクニックを披露したギターソロアルバムになるのかと思っていたのですがそうではありませんでした。これがまたユニークで面白いんです。ほとんど全ての音をエレクトリックギターで表現しているのですが、叩いたり、擦ったり、ギターを弦楽器としてだけでなく、打楽器にもしちゃってるんです。それが思いつき・タレ流しな演奏になるのではなく、1曲、1曲が割と短めにまとまっていて、多重録音された、練られた演奏になっているんです。自分はこのアルバムを聴くと、個人的にドラムフレーズが思いつく様なインスピレーションを湧かせられます。

基本はギターソロアルバムですが、フレッド・フリスのギターカルッテト仲間の客演も有ります。
昨日FMでアルタード・ステイツの公開ライヴの模様が放送されたんだったー!!

…聴き逃した(泣)

今度から忘れない様にこのブログで自分が気になる放送予定は載せておこうかなぁ。個人的なメモも兼ねて。

えーと、それじゃあまず、この後、ニッポン放送でしんた…

…やっぱり恥ずかしいからやめておこう。



 Medeski Martin and Wood/The Dropper

drppr.jpgジョン・メデスキ(org,pf)、ビリー・マーティン(ds)、クリス・ウッド(b)から成るトリオの、2000年にリリースされたアルバムです。

自分は一応ブルーノートからリリースされている彼らのアルバムは一通り聴いていますし、それ以前のはベスト盤でしか聴いていませんが、実はそんなに好きじゃないんです。なんかこういうジャムバンドに陥りがちな“慣れ合い”で演っている感じがして。

その中でもこのアルバムだけは何度もプレイヤーにかけてしまう位好きでよく聴きます。基本はジャズなんですけれど、ロックの持つダイナミズムや、荒削りっぽさが出ていて、そこにこのトリオ特有のグルーヴが上手く絡み、しかも慣れ合いではない、いい意味でのメンバー間での緊張感、スリリングさがこのアルバムには感じられます。音の空間/質感にもガレージっぽさが出ていて、カッコいいです。

以前渋谷のブリティッシュパブでこのアルバムをリクエストしてかけてもらった事があるのですが、一緒にいたロック好きの友人がそれを聴いて「カッコいいね」と言って興味を示しました。ちなみにその友人はルー・リードやニック・ケイヴを愛聴する男です。ロック好きと言ってルー・リードや、ニック・ケイヴというのもなかなかシブいんですけれど。そんなロック好きにも受け入れる事の出来る、ロックを感じさせる、幅広い音楽性をこのアルバムは持っています。

一方、これ以前にリリースされたアルバム「コンバスティケーション」はクラブ受けのいいアルバムですが、ゲストのDJロジックのスクラッチが自分には珍品的な印象を受け馴染めませんでした。
JAMES BLOOD ULMER/ARE YOU GLAD TO BE IN AMERICA?

aygtbia.jpg去年ケーブルテレビでジェームズ・ブラッド・ウルマーのニッティング・ファクトリーでのライヴ映像を見ました。そのライヴはフィンガリングでギターをかき鳴らした、まるでリタイアしたオヤジの道楽ブルースって感じでしたが(すいません言い過ぎました)、これを見たのをきっかけに、前から聴いてみたいと思っていたジェームズ・ブラッド・ウルマーのCDを購入しました。

それで手に入れたのが、ここで紹介する「アー・ユー・グラッド・トゥ・ビー・イン・アメリカ」です。

彼はオーネット・コールマンのハーモロディック理論の精神を継承したギタリストとしても知られています。ジャズのフィールドで語られる事が多いのですが、彼が最も先鋭的だった70年代後半~80年代前半の頃にこのアルバムはリリースされ、ラフ・トレードというレーベルからリリースされた事もあって(CDはDIWから)、ロック好きにも注目されたようです。前にここで紹介した「ロック・オルタネイティヴ」でも取り上げられています。

1曲目から小気味良く切り刻むウルマーのギターが軽快なファンクに絡んでいきますが、次第に共演者と共に急々しく落ち着きのないスリリングな演奏に向かっていきます。

ウルマー自身のヴォーカル曲も2曲ありますが、これは割と真っ当なファンクです。幼少の頃からゴスペルグループで歌いながらギターを弾いていたらしいので、味のあるヴォーカルを聴かせてくれます。

自分はオリジナルのラフトレ盤は聴いた事がなくミックスダウンし直したCD盤の方しか聴いていないので、こんな事言うのは軽率かもしれませんが、音質はクリアーなのですが、その分時代の空気感が損なわれた印象を少し受けました。

自分はこのアルバム以外に「ブラック・ロック」も入手しました。そちらは更にテクニックが高度になっています。とても刺激的で好きなアルバムですが、そのテクニックが自分にはやや誇示しているかの様にも聞こえてしまうので、どちらかと言うと「アー・ユー~」の方が好きですね。

ウルマーの他の作品で気になるのは、オーネット師匠やジャマラディーン・タクマ等が共演している「Tales Of Captain Black」と、Music Revelation Ensemble名義の「No Wave(タイトルからして気になる)」です。今探している最中です。
先日話したJ-WAVEの「6 P.M.」にハマってから、ラジオを聞きながら自転車に乗るのが楽しみになりました。

「6 P.M.」の放送時間に合わせて、自転車で出かける用事を立てたりもしていました。

またリアルタイムで聞けない時にはMDに録っておくのですが、これも自転車に乗りながらわざわざ聞いていました。

自転車での移動で、変化していく景色を眺めながら聞く方が気持ちいいので、家で聞いてしまうのはもったいなく感じていたんです。

その「6 P.M.」も放送が終了してからは前程自転車に乗りながらラジオを聞く事がなくなりました。

ただし「RADIO SAKAMOTO」と「ラブラドールリボルバー(他局の番組)」は今でもMDに録っておいて、自転車に乗る時に聞いています。
今年2月の京都旅行の時に自転車をレンタルした時もこの2番組を聞きながらサイクリングしました。

ただ自転車でも遠出じゃないとその録ったMDは聞かないので、どんどん貯まっていっちゃうんですよ。

それで何度か遠出をするのですが(もちろんそれだけのためじゃないけれど)、それもあってこの前幕張までサイクリングしてきたんです。
一時期J-WAVEにハマっていました。

きっかけは自転車で茨城に帰ったその折り返し、変な乗り方をしていたせいで肩が凝ってしまい痛そうにして走っている中、気を紛らわすためにでもと思ってラジオを聞き始めました。その時流れてきたのが「6 P.M.」という番組。丁度マッサージの先生をゲストに招いて体感レポートする内容だったので、聴き入ってしまいました。

この番組は、「カノッサの屈辱」「進め!電波少年」「料理の鉄人」等で知られる放送作家の小山薫堂と、J-WAVEナビゲーターのクリス智子の2人がナビゲートを務め、毎回、小山氏の思いつきの企画で番組が進行していくという内容のものでした。

AJINOMOTOがスポンサーだった事もあるためか、“食”に関する話題も多くありました。

自分はグルメ番組とか料理番組を見ない位“食”の情報には興味のない人なのですが、そんな自分でもこの番組で紹介する”食”にまつわる情報には興味を惹くものがありました。うまく説明出来ませんが、カタログ情報誌的な番組にはならない、リスナーを限定させない番組でした。

記憶に残っている“食”の話題の一つに、ゲストの山本益博氏にスペインの料理店「エル・ブリ(エル・ブジ)」とそこのシェフ、フェラン・アドリア氏の魅力を語ってもらうというのがありました。結局それはそれについて執筆した本の宣伝だったのですが、それでも聴いていて自分には宣伝以上の面白さを感じました。

この番組は他にも面白い企画がいろいろあったのですが、ここで説明すると長くなってしまうので、<リンク:http://ja.wikipedia.org/wiki/AJINOMOTO_6_P.M.><下線>ここに詳しい説明が載っていましたので、興味のある方はそちらを参照してみてください。

で、その「6 P.M.」にハマり、やがてその前後の番組も聴く様になり、しまいには毎週土曜の夕方5時~夜11時までJ-WAVE聴きっ放しにまでなりました。平日も聴ける時はJ-WAVEを聴いていました。

仕事や用事などで聴けない時はMDに録っておいて後で聴くまでしていました。それ位J-WAVE(特に「6 P.M.」)にはハマりました。

しかしその「6 P.M.」も2004年の9月いっぱいで放送が終了してしまいました。

それを境に自分はJ-WAVEの他の番組もあまり聴かなくなっていきました。

本題に入る前に話が長くなってしまいましたので、この話の続きはまた次回。
yuhodo.jpg

昨日、 幕張まで自転車でサイクリングしてきました。
去年の冬にエレグラを観るのに幕張まで自転車で行ってから、いつかまた自転車で行きたいと思っていたのですが、それ以降用事が出来なかったため行く機会が持てませんでした。
ただ最近、幕張行くまでに通った道が何度か頭によぎってむしょうに行きたくなったので、用事もないのに行ってきてしまいました。最近通販で届いたロンズデールのサイクリングシャツも着る機会が欲しかったし(別に普段着で着れるんだけれど)。

片道約48kmある所を3時間半位でマッタリと行き、目的地に着いてもどこにも寄らずまっすぐ引き返してきました。ちなみに幕張海浜公園のMTBコースにも寄ってはいません。

なんでわざわざ用もないのに幕張まで行ったのかと言うと、あそこまで行くのに通る道が単純に好きだったからなんです。

ここで何度か言っているとは思いますが、自分は本格的なロードバイク乗りではありませんで、安いMTBタイプの自転車で街乗り程度に楽しむ人間です。

そんな街乗り人間の素人的な意見なのですが、都内をサイクリングしていると、自分の中で好きな道、嫌いな道が出てくるんです。

嫌いな道は人通りが多くて通り抜けがしにくいとか、車道優先の道路で不便を感じたりが理由の一つでもあったりしますが、走ってて単につまらないと思うのも理由にあります。
具体的にじゃあなんでその道がつまらないのかと言われると、よく分かんなかったりするんですよ。

逆に好きな道は、なんでその道が好きなのかもよく分かんないんです。通る道に特別なにかあるってわけでもないですし。ただ、その道を通るとサイクリングが気持ち良く感じるっていうのはあるわけです。

今回通ったルートは、246から六本木を抜けて皇居脇を通り、14号で錦糸町を通り荒川を越え、今井街道で南下して357でららぽーとを通り過ぎ、ひたすらそのまま幕張でした。

写真は船橋から幕張の間にあった公園の散歩道です。最近の新谷さんの日記に載せていた写真を真似てみました。こういう場所も、電車だけだと見付けにくいんだよね。
おとといケーブルテレビでtoeのライヴ中継を見ましたが、ドラムの柏倉氏が着ていたTシャツって、あれマイス・パレードのだよね。自分もあれ欲しいなぁ。彼の髭や髪型とかの風貌って、アダム・ピアースの影響なのでしょうか?なまじ彼のドラミングもアダムの影響が無いとも言えないし。

ksht.jpg

写真載せてみたけれど、これじゃよく分かんないな。
昨日深夜(今日早朝)、4-D mode1の先日の初台でのライヴの模様がテレビ東京で放送されました。

自分が普段ここでよく4-Dの話をしているので、どういうものなのか気になる方のためにも、ここでその放送予定をお知らせしようかとも思っていたのですが、おそらくちょっとだけしか放送されないだろうと思ったので、やめました。

そしたら案の定。地方の小屋でこんなライヴがありましたよ的な内容で、ホントにちょっとだけしか映っていませんでした(泣)。

まあ、1曲まるまるはまず放送されないだろうとは思っていましたし、地上波で時間を割いただけでもたいしたものなのかもしれませんけれど、メンバーのインタビューや、もう少しこのユニットについての詳しい説明があってもよかったんじゃないかと思いました。あれじゃ知らない人が見たら「ふーん」位にしか印象に残らなかったんじゃないかな。「ポストYMOとして脚光を浴び~」なんて説明があったけれど、そうだったか?まあ、メンバー3人個性的な所はあるけれど。

せめてアルバムの告知くらいしてくれたってよかったのに。

自分はこの初台でのライヴは観に行ってなかったので、それだけに残念でした。

7月に行われる初台のライヴには行かないと。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。