音楽がいくらあっても足りない。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
布袋氏のこれまでの波乱に満ちた人生を綴った自伝「秘密」を職場の後輩から借りて読みました。

以前BOOWYの所でも書きましたが、自分は学生時代にそれまでギターサウンドそのものは楽曲の一部位にしか興味が無かったのが、「GIGS」の「BAD FEELING」のギターリフを聴いて考えを改めたクチです。そう考えると、自分が一番最初に好きになったギタリストは布袋寅泰と言えるのかもしれません。

最近は彼のソロ作品は聴かなくなってしまいましたが、それでも常に気にはなっていまして、「キル・ビル」などで彼の名前を見付けると、なんか嬉しくなってしまいます。彼ならそれ位の事は成し得てもおかしくないだろうと。それだけ興味のあるアーティストなので、これは読んでみたいと思っていました。

「人生は振り子の様だ」とは良く言ったものです。この本を読み終えてまず浮かんだのはその言葉でした。振り子の揺れが小さければ揺り返しも小さいが、大きければそれだけ反動も大きい。彼の振り子はまさに大きな振幅の繰り返しです。要するに大きな事をやろうとすれば、それだけリスクも大きい。言い方を換えれば、何か大きな事をやろうとするのならばそれだけ大きなリスクは覚悟しろよって言う事です。何のリスクも伴わずに大物になろうったってそうは世の中甘くないと。

ですからここには様々な挫折や苦労話も赤裸々に語られています。確かに成功話ばかりを何の問題も無く淡々と書き立てられても嘘くさいし、本として面白味に欠けるので当然かもしれませんが、身内の事や元カノの事など、普通だったら公に公表したくないだろうって事まで彼は正直に語っているんですね。でもなんかそういう所が彼らしい。熱くて自分に正直に生きてきた彼の性格だからこそきれい事ばかりを並べるのは許せなかったのでしょう。菊地成孔の様なクールで知的なアーティストの書く本も面白いのですが、彼の様に熱くて正直な人間味のある本はこれで、親しみ易を感じさせてくれます。

無断転載、引用禁止と記されているので詳しい内容には触れられませんが、自分の好きなKRAFTWERKやDEVOやウルトラ・ヴォックスやスパークスなどの名前が出てくるのも読んでいて嬉しくなってしまいました。KRAFTWERK好きは前々から知ってはいましたが、あそこまで好きだとは思いませんでしたし。これは自分が前々から思っている事なのですが、KRAFTWERK好きなギタリストは、他には無い独特なギター感覚を持っていると思います。逆にツェッペリン好きのテクノ系アーティストにも同じ様な事が言えると思います。
話を本に戻しますが、対バン等の日本のアーティスト達の横の関係の話も読んでいて面白かったですね。ミュージシャンだけでなく、ギルバート&ジョージや、テリー・ギリアムの名前まで出てくるのも興味津々でした。

あと思ったのが、糟谷さんの様な方が父親だと、子は魅力的な人間に育つんだろうなぁと。まあ、父親と1アーティストの良き理解者とはまた別なのかもしれませんが。

この本を読み終えてから気付いたのですが、発行があの見城氏の「幻冬舎」だったって言う事も何か深いものを感じます。今回布袋氏が執筆するにあたって、見城氏自らの働きかけがあったのでしょうか?あり得なくもないとは思うのですが。
スポンサーサイト
雑誌、専門誌など、書物で好みの音楽を見付ける方法もあると話をしましたが、ここで自分が参考になったディスクガイド本を2冊程紹介します。

alternative.jpg【ロック・オルタナティヴ】
パンク/ニューウェイヴを含むそれ以降の影響を受けた75~89年のロックアーティストを取り上げた本なのですが、1アーティストを2ページ毎に見開きで作品を紹介しているのでとても見易く、ここで紹介されているアーティスト達の名前はよく知っていても、作品1枚、1枚までは詳しく知らなかったりするので、ちょっと調べたいなって時に、辞書感覚で開く事が出来ます。ただこの本は90年代前半に発行された事もあって、載っていてもおかしくなさそうなニルヴァーナや、ビョーク、NIN、レディオヘッド辺りが載っていません。ページ数が倍になってでもいいから是非その辺もフォローした改訂版を発行して欲しいものです。

perspective.jpg
【プログレのパースペクティヴ】
自分はここのブログで、プログレは小難しさが鼻についてあまり好きではないと話した事があります。それでも世間でプログレと言われているアーティストの中でも好きなものはあります。それらはその“小難しさ”以上に興味を惹かれる要素が何かしらあったりするからなのですが、この本はまさにそんな普通のプログレではなく、本来の持つ意味の“進歩的”な音楽、その瞬間において革新的な道を切り開いたアルバムを取り上げているのです。

ですからここにはビートルズ、ビーチ・ボーイズ、WHO、ジミヘン、ツェッペリン、マイルス・デイビス、ブリジット・フォンテーヌ、ファンカデリック、スライ&ザ・ファミリー・ストーン、フェラ・クティ、EW&F、オーガスタス・パブロ、YMO、ビースティー・ボーイズ、ローリー・アンダーソン、KLF、ジェフ・ミルズ、エイフェックス・ツイン、コールド・カット、プリンス、ベック、NIN、TORTOISE、ロス・ロボス、レディオヘッドなど広範囲に取り上げていて、あらゆるジャンルからまさに革新性の持ったアルバムを、ここでは“プログレ”として同一線上に並べられています。

ただ、通常プログレと言われているアーティストのアルバムが他に比べて約4分の1も占めていて、盤選に偏りを感じてしまうのは否めません。これは“プログレ”という言葉を掲げている以上、混乱や批判を避けるためなのか、通常のプログレファンのためのサービスも兼ねているからなのでしょうか?いや、でもこれはそういったプログレファンにとっては中途半端なディスクガイド本になってしまっていると思います。クリムゾン辺りが取り上げられているのは解りますが、エトロン・フー・ルルーブランや、ツァムラ・マンマス・マンナを選ぶのならば、ブラックミュージックやレゲエ界のエトロン・フー~やツァムラ~だって教えて欲しい。それでいてマサカーは選ばれていないっていうのも腑に落ちません。そういう意味では自分の様ないわゆるプログレ好きではない人間にとってもこれは中途半端なガイドブックになっていると言えるのかもしれません。せっかくいい企画なのに。いっその事プログレという言葉を使わず、「革新をもたらしたアルバム100選」とかなんとかをタイトルにすればプログレに偏らずに済んだのかも。でもそうすると商品的にインパクトが薄くて難しいのかな。

後で思ったけれど、この2冊は「~ティヴ」繋がりですね。どうでもいいけれど。
RASCAL REPORTERS/HAPPY ACCIDENTS

hppyaccdnts.jpg先日新宿のディスクユニオンで、ずっと探していたラスカル・リポーターズの「ハッピー・アクシデンツ」の中古CDを見付けました。

自分はカンタベリー系はあまり得意ではありません。知人からハットフィールド・アンド・ザ・ノースを借りた事もありますが、そんなにのめり込めませんでした。スチュワート&ガスキンは割と好きですが、あれは本質的なのではなく、人脈的なカンタベリーですし。自分が好きなのはせいぜい純カンタベリーよりも、その影響を強く受けたマフィンズ位で、それも「185」の、比較的レコメン色が強いアルバムの方が好みです。

このラスカル・リポーターズもまた、カンタベリーの影響を強く受けている2人組なのですが、それでも自分がこのバンドに興味を持ったのは、メンバー2人がほぼ全ての楽器をコントロールし、それを“テープ・バイ・メール”という“やり取り”で完成させていく手法にありました。

実際聴いてみると、もろカンタベリーな音はしていますが、それに乗っかるメロディーや、キーボードの使う音色、弾き方などに親しみ易さやユーモアがあるので、自分にも十分引き込ませてくれました。楽曲の断片の様なものが緻密なまでに編み込まれていたり、マルチプレイヤーながら1つ1つの楽器を巧みに操る術もさすがなのですが、それらが変に小難しくなっていないのは、先述の様な部分でそれを上手く中和しているからです。

そもそも自分がこのアーティストのアルバムを知ったきっかけは、「プログレのパースペクティヴ」というムックからでした。

ラスカル・リポーターズの話ばかりで、本題に入る前に文章がまた長くなってしまったので、続きは明日にします。
人間は生きている限り「気持ちいい」を求め続けますよね。食事をとるのはお腹が空いたからとか体のため以前にそれが気持ちいいからするのですし、「大好き」「嬉しい」「楽しい」だってそれは全て言い換えれば「気持ちいい」なのですから。

で、更に人間はその「気持ちいい」に「もっと」を求めます。「分かった」「出来た」「成功した」などはその「もっと」が原動力になって「気持ちいい」に辿り着いた結果になるわけでして、これが度が過ぎると浮気や犯罪、ドラッグなどに手を出してしまうわけです。

…って、回りくどく当たり前話をしましたが、要するに音楽好きにとってもそれは例外ではないと言いたかったんです。だからいつまでたっても家にあるCD、レコードは増え続けるばかりなんですね(汗)。

その「もっと」「気持ちいい」のために好みの音楽を探すわけですが、“リスナー”だけで絞っても方法は色々とあります。

友人、知人からの口コミや、

TV、ラジオ、雑誌、インターネットで情報を得たり、

そのネットの掲示板やこの様なブログで情報交換をしたり、

レコード店のオススメ書きで検討したり、

またCDに付いている解説を読んで情報を取得する方法などもあります。

好きなアーティストのコメントを参考にしたり、

そのアーティストの共演者を辿っていったり、

影響を与えたアーティストを探ってみたり、

そうやって「もっと」な音楽を見付けていく方法もありますね。

好きな音楽のジャンルを知ってそこから探すという方法もありますが、ある意味“ジャンル”というのはそうやって好みの音楽を探し求めるための一つの“道しるべ”にもなっているのかも知れません。

文章が長くなってしまったので、続きは次回にします。
春は街乗りサイクリングが気持ちいいんです。

都内でもいろんな所で桜がきれいですし。

自分は花には詳しくありませんし興味があるわけはありませんが、そんな自分でも桜はつい見入ってしまいます。桜には凡人にも分かり易い華やかさがありますよね。

おととい、自転車でお茶の水や新宿に行くのにいつもより遠回りで都内をプチサイクリングしました。まだ桜は咲いていませんでしたが、春はもうすぐそこまでっていう空気が漂っていました。

写真は自分が4年前にデジカメで撮った千鳥ヶ淵の桜です。

cdrgafc.jpg
最近オーブのペンダントを身につけているのを何度もみかける位、新谷良子のお気に入りブランドの一つでもある“ヴィヴィアン・ウェストウッド”ですが、ロック好きには誰もが知っている位有名なこのブランドも、アニメ好きや声優好きはもしかしたらあまり知られていないかもしれないと思ったので、今回この話を少ししてみたいと思います。

ヴィヴィアンでもっとも有名なのは、パンクバンド“セックス・ピストルズ”の衣装をコーディネイトした事ではないでしょうか?

セックス・ピストルズは元々、当時ヴィヴィアンのパートナーだったこのバンドの仕掛人(死語?)のマルコム・マクラーレンが、共に営んでいたロンドンのブティックの常連客だったジョニー・ロットン(ジョン・ライドン)達を組ませて生まれたバンドで、ヴィヴィアンがステージ衣装をコーディネイトしていました。そのアヴァンギャルドで奇抜なスタイルから、パンクファッションの代名詞にまでなりました。

パンクファッション以外の彼女のデザインで有名だったのは、アダム・アントが着ていた“海賊ファッション”でしょうか。日本ではパンクファッション程でもないかもしれませんが、米国のドラマ「ロズウェル」で、
「マックスは11歳の時、ハロウィーンパーティーでアダム・アントの格好をしてたな」
なんて台詞が出てくる位なので、当時向こうではそれなりに流行っていたと思われます。

とにかく、ロッカー、特にパンクスにはヴィヴィアンは憧れのブランドです。最近ではマリリン・マンソンがモデルになっていましたね。
但し、ヴィヴィアンの服は高い!以前自分が手伝っていたバンドのヴォーカルが言っていましたが、当時ロンドンのパンクス達は、ヴィヴィアンの服欲しさに食事代を惜しんでお金を注ぎ込んでいたらしいです。今でもそうなのかは知りませんが。

日本では最近椎名林檎や中島美嘉がヴィヴィアン好きなのが割と知られていますが、他にも小泉今日子や、岩崎ひろみなんかもヴィヴィアン好きで、芸能界にもヴィヴィアン好きはかなりいます。あとよく知りませんが今時のゴスロリ系の女性達にも人気のあるブランドみたいですね。そう言えば昔、IZAMが吉川ひなのとの婚約記者会見の時にヴィヴィアンを着ていましたね。

話は逸れて、新谷良子には「誰がバンビに恋したか?(WHO FALLS IN LOVE WITH BAMBI?)」という曲がありますが、セックス・ピストルズには「WHO KILLED BAMBI?(誰がバンビを殺したか?)」という曲があります(この曲はヴィヴィアンが共作者としてクレジットされています)。おそらく曲名はここからヒントにしたのだと思います。

whokldbmb.jpg

このレコジャケのイラストがプリントされたTシャツを以前友達(女性)が着ていましたが、もしこれを着て新谷良子のコンサートに行ったりでもしたら大ひんしゅくでしょうね(笑)
因にこの曲、マルコムを視点においたピストルズのドキュメント的な映画「ザ・グレイト・ロックン・ロール・スウィンドル」でも聴く事が出来ます。映画自体はあまり面白くはありませんが。同じ“音楽業界の仕掛人”系の映画だったら、「24 アワー・パーティー・ピープル」の方が面白くて個人的には好きです。「WHO KILLED BAMBI?」とは関係無くなっちゃいますが。

バンビついでに更に話しが脱線しますが、以前 新谷良子が出演していた「激☆店」という番組中に、立花ハジメの「BAMBI」がよくBGMで使われていましたが、それを良子ちゃんは知っていたのだろうか?

話を戻して…と言っても、ヴィヴィアンの服の細かい話になってしまうと自分もよく知りませんので話はこれ位にしますが、もしロック好きの方がここを読んでいただいたとして、補足や訂正等があったら教えてください。

そういえば、3月31日に新谷良子のファンクラブ会員限定のバースデーライブがありますが、自分はさすがに会員にはなっていないので行けません(半泣)。
先日、渋谷の青い部屋にて行われた4-D mode 1のライヴを観に行ってきたのですが、そこで、過去の4-Dの音源がリマスタリングでCD化されるとの告知がありました。mode1としての唯一のアルバム「ア・スタイル・オヴ・ビルディング」が収録されるだけではなく、なんとソノシートでリリースされていた音源までも収録されるとの事です。

4-Dはmode 0~2まで存在していまして、横川、成田がメンバーにいるのはmode 1なのですが、先程発表されたCDショップのウェブサイトのソングリストを見ますと、今回mode 0~2すべて収録されているので、もう感激ものです。長生きしていてよかった(笑)。

自分はmode 0の、幻と言われた「蟹道楽」を聴いた事が無いので、それが今回聴けるのかと思うと待ち遠しくてなりません。

また自分はmode 2では「春嵐」しか聴いた事が無く、それ以外の曲も今回聴けるのでとても楽しみです。「春嵐」は女性ヴォーカルで、和風で、mode 1とはまた違った趣きがあってなかなかいいですよ。

これで彼らの代表曲「アフター・ディナー・パーティー」がより多くの人の耳に届く事にもなりますね。

まあ、どちらにせよ、日本の最重要バンドとは言わなくても、80年代の関西ニューウェイヴシーンにもこんな実験工房的な面白いバンドがかつて存在していたという事実が今回改めて明らかになるわけでして、嬉しい限りです。

発売は4月30日の予定です。
本当ならもうあの動画サイトのネタばかり取り上げるのはキリがないし、しつこいからやめるつもりでいたのですが、スタンプの動く映像が見れるとなったら、もっと多くの人にスタンプを知ってもらいたいから黙ってられなくて、つい…






自分は後追いだった事もあって、動くスタンプを見たのはこれが初めてです。



だからもう感激ですよー。




やっぱりこいつらは変だー。


[ブログ内関連記事]

>>スタンプ

>> 祝!スタンプの「A FIERCE PANCAKE」がCD再発

>>元スタンプのベーシスト、ケヴ・ホッパーが自身のサイトで…

>>やっとキター!!

>>KEV HOPPER/stolen jewels
この日渋谷に行ったのですが、どこかのテレビ局が若い女性達に PSE法についてのインタビューをしているのを見かけました。

最近問題になっている「PSE法」、ここでは楽器だけで簡単に話しますが、2001年施行されたPSEマークの付いていない電気楽器は4月以降売買出来なってしまうというもの。

という事は2001年以前に製造された名機達、シンセサイザーなども買えなくなってしまうという事になります。

これは大変な事です。

なぜなら電気系の楽器は技術的な背景などでその時代だからこそ生まれたと言うものがほとんどで、その楽器にしか出せない音(もしくは機能性)があるのです。これらはほとんど現在では製造されていません。

これらを手に入れるには中古品に頼る事になるわけなのですがこれが今回規制されるわけです。

音楽を創造する人達にとってこれは表現手段を制限される事にも繋がります。

海外のミュージシャンがコンサートなどで来日する際に中古楽器店に訪れる位、日本の過去の電気楽器の価値がいかに高いものかという事をもっと理解して欲しいものです。

他にも理由は色々ありますが、長くなってしまうので、この法に関しての詳しい内容はこちらを参照してみてください。

で、先程の街頭インタビューの話に戻りますが、自分がその様子を見ながら思ったのは、女性でそういう機材に対してこだわりを持つ方ってほとんどいないと思うので(身近にいろんな機材を駆使して音楽演っている女の子っていないし)、そういう意味でこの法に対しての関心度はもしかしたら薄いのかなぁって。

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *


howdoyou.jpg話は変わって、この日タワーレコードでベルギーのテクノポップトリオ、テレックスの18年振りとなるニューアルバムを購入しました。
18年と言ったら、赤ちゃんが高3になる年ですよ。当たり前だけれど。そりゃ自分も歳取りますわな。

このアルバムでスパークスの「No.1ソング・イン・ヘヴン」もカヴァーしているのですが、ちょっとストイックかなぁ。自分はこの曲の持つドリーミーなイメージがテレックスにピッタリだと思って期待していたのですが、ここではそれが押さえ気味なんです。もうちょっと開放的でも良かったと思うんですけれど。

アルバムも全体的には今まで通り気持ちのいいシンセ音の出し方を解っている使い方をしていていいのですが、テレックスの持ち味でもあるカラフルさが今回もの足りない感じがするんです。
それでも「やっぱりテレックスだ!」と思わせる様なシンセ/ポップミュージックに対する愛情は今回も感じられますね。
それにしても、ミッシェル・モースの声はやっぱりいいですね。オヤジ声なのにこういうカワイらしい音楽にとても合っていて。上品な声で凄く好きです。

テレックスのサイトで新譜が視聴出来ます

http://www.telex-music.com/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。