音楽がいくらあっても足りない。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  NEW MUSIK/WARP

warp.jpg 80年代にa~ha、ネイキッド・アイズ、キャプテン・センシブル、マリ・ウィルソン、B-52's等をプロデュースした事でも知られるトニー・マンスフィールド(vo,g,syn)のバンド、ニュー・ミュージックの82年にリリースされた3rdにしてラストのアルバムです。

 ニュー・ミュージックの曲はほとんどが8ビート、ギター・コードのストローク、シンセの白玉と演奏が割とシンプルなのですが、とてもメロディアスでポップを感じさせ、良質で聴く側に馴染み易さを与えてくれます。但し編集には実験的で、テープの逆回転やらピッチの変速やらいきなりのブツ切りといった乱暴振りが随所で伺えるのですが、これがこどもの仕掛けたいたずらの様で引っ掛かった側(聴く側)も「やったなー」って言いたくなる様な微笑ましさを感じてしまいます。


 1st~2ndまではドラムが生でベースギター奏者もいたのですが、このアルバムからドラムをシモンズに換え、ベースをシンセベースに換え、サンプリングを導入し、それまでのバンドスタイルからよりエレクトロニクス色の強いサウンドに変貌しています。サンプラーを導入する事によりトニーの実験心がより深まったといった感じでしょうか。逆回転技はここでも健在です。

 アレンジは今作もシンプルで音数は少なめ(な感じに思わせるすっきりとしたもの)で、ギターもここではやや控えめですが、その控えめさ加減が効果的で逆に曲を引き立たせています。(と言いながらも1曲目からギターのカッティングですが…)反復性も今作では強く、前半と後半に分けてノンストップで曲が繋がってもいます。

newmusik2.jpg リズムには今回特徴的な“跳ね”を感じさせるのですが、これは今作から加入したクリフ・ヴェナー(perc,vo)の功績がもしかしたら大きいのかもしれません。収録曲の先行シングルと、本作のリズムの違いを聴き比べると、クリフの力量が徐々に発揮されてきている様な気が何となくします。

 アナログシンセの名器、プロフェット5の特徴でもあるフワッとしたくすんだ音色がこのアルバム中随所で包み込んでいます。

 曲名にシュールなものが多かったり(「惑星は気にしない」…なんだそりゃ)、歌詞も規則的に単語を並べてみたり(「I Repeat」の「I 何々」とか、「Warp」での「system」の連呼など)コトバの選び方からにもこのバンドの面白さを感じさせます。

newmusik3.jpg ビートルズのカヴァー「All You Need Is Love」の収録に、同じタイトルのトニーオリジナルの曲も並んで収録されているのですが、こちらではアコースティクギターのストロークの上にヴォーカルの美しいハモリが乗り、それに絡むヴォコーダーのコーラスが有機的に作用するという、ビートルズのとは引けを取らない位の美しさを持っています。

 「Here Come the People」の、水の跳ねたサンプリング音がリズムを刻み、最後にそれがループした時の美しさは、CD化されボーナストラックとして収録されたこの曲のシングルヴァージョンがアルバムの終演として締めくくっています。

 このバンドにある、シンプルな中にも満足感をを感じさせる要因は、遊び心のある実験心が盛り込まれているのと、ここぞという所で刺激するツボをよく心得ているセンスがあるのと、そして何より、良質な“ポップ”であるという所です。そう、ニュー・ミュージックはここでもしっかり“ポップ”なんです。以前ポール・マッカートニーがエルヴィス・コステロと共演した時に「あなたは難しいコードを使いすぎる」と指摘したと言います。それはメロディーそのものが良ければ余計な装飾はいらないという事だと思うのですが、ニュー・ミュージックにもそれ位の良質なメロディーを持ったポップセンスがあります。

 あと個人的にトニー・マンスフィールドの歌声が大好きなのですが、彼はポップなメロディーに合った声質をしているのだと思います。それこそ、ポップじゃない曲でもトニーが歌えばポップに聞こえてしまうかの様に。因に高橋幸宏の「What, Me Worry?」に収録の「Disposable Love」でBメロを歌っているのはトニーです。

 ただこのアルバムは全般的にドラムがシモンズなので、その辺で古くささを感じさせるのは否めません。今や「オーケストラヒット」「ゲートリバーブ」と共に今使うと恥ずかしい音になってしまった感のあるシモンズ。個人的には好きな音なので気にならないのですが…

 これも個人的な話ですが、無人島に1枚だけ持って行くならこのアルバムと決めています。沢山の音楽を聴いてきてなぜこのアルバムなのかは自分でも疑問なのですが、他のアルバムを諦めてでもこれを持って行きたいと思わせる魅力がどこかにあるんです。ただ、TORTOISEのあの美しいアルバム「TNT」も捨てがたくなってきているので最近悩んでいます(笑)。shinobu1.jpg

 余談ですが、成田忍の「SHINOBU」名義のソノシート盤「CERAMIC LOVE」は、このアルバム「Warp」の影響を強く受けているのでオススメです。個人的には同曲のアーバン・ダンスの1stに収録されているヴァージョン(幸宏プロデュース)より好きです。
newmusik4.jpg
 もう一つ余談ですが、1stの「from A to B」に収録の「Straight Lines」を聴くと自動車のCMのBGMにピッタリだといつも思うのですが、どこかで使ってくれないでしょうか



【ブログ内関連記事】

>>「ワープ」についてのloosecubeのつぶやきまとめ


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。